都筑区版 掲載号:2012年10月18日号
  • googleplus
  • LINE

牛久保東在住の齋藤和男さん 歯ブラシを絵筆に

文化

入選作品を手にする齋藤和男さん
入選作品を手にする齋藤和男さん

 芸術の秋。今回は、一風変わった手法で絵画を描く、牛久保東在住の齋藤和男さん(83)を紹介する。

 齋藤さんは2年前から、歯ブラシを絵筆代わりに使って制作活動を行っている。国際経済の分野で大学などで教鞭をとってきた仕事を引退し、都内から横浜に移り住んだことがきっかけとなった。生活にもの足りなさを感じていた折、息子が歯科医であることから、歯ブラシを利用して何かできないかと考えた。

 描くのは、模写や写生など風景画が中心。歯ブラシを刷毛のように使って葉や空を表現したり、角を使って細い線まで緻密に描く。ひとつの作品にかかるのは4時間から2日間ほど。これまでに40枚ほど仕上げてきた。今年の6月は、「上野の森美術館・日本の自然を描く展」で入選したことも。「歯ブラシはただ歯を磨く道具ではなく、芸術をつくりだすこともできるもの。絵筆と違うおもしろさがありますよ」と齋藤さんは話している。絵画は、ふれあいの丘の「さくら歯科クリニック(葛が谷8)」入口前で観ることができる。
 

都筑区版のローカルニュース最新6件

遺跡公園愛護会が受賞

園児がごみ分別学ぶ

ドイツ学園

園児がごみ分別学ぶ

2月15日号

市インスタの写真展示

「ハマナビ」が北山田に

ボツワナ学ぼう

参加者募集

ボツワナ学ぼう

2月15日号

「廻し地蔵」学ぶ

池辺町 都田小

「廻し地蔵」学ぶ

2月15日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク