都筑区版 掲載号:2012年10月25日号
  • googleplus
  • LINE

人形に「ありがとう」 1700体を供養

社会

「潮音寺」僧侶の法話も
「潮音寺」僧侶の法話も
 メモリアルアートの大野屋(仲町台1の17の3)で10月20日、人形供養祭が行われた。

 同所に持ち寄られた人形やぬいぐるみは約1700体。中には人形の髪や服を洗ってから持ってきたという人もいた。当日は41人が参加。奈良薬師寺の東関東別院「潮音寺」から僧侶が招かれ、読経などが行われた。また、供養の後に行われた法話では、「先祖供養や針供養などありますが、共通するのは”感謝”ということ。今日はみなさん、ありがとうの言葉をお伝えできたのでは」などと話した。

 供養祭が終わり帰るときには、「ちゃんとさよならが言えた」と手を合わせる参加者の姿が見られた。

 同所でコンシェルジュを務める三井桂子さんは、「みなさまいろんな思い出があるのでしょう。喜んでいただけて良かったです。今後も様々な形で地域に貢献していければ」と話した。

都筑区版のローカルニュース最新6件

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク