都筑区版 掲載号:2012年11月22日号
  • googleplus
  • LINE

東山田郷土資料館栗原満直館長 のちめ不動の歴史 一冊に 開館20周年を記念して

完成した冊子を手に笑顔の栗原さん
完成した冊子を手に笑顔の栗原さん

 個人で東山田郷土資料館を運営する栗原満直館長(69歳)は、東山田町にまつられている「のちめ不動」の縁起をまとめた冊子を刊行した。11月17日に行われた同資料館20周年記念講演では、冊子の内容を中心に「地元の歴史」を語り、歴史ファンを魅了した。

 東山田郷土資料館(東山田町1362の1)は、この地域の名主の子孫である栗原館長が個人で運営している。今年で開館20周年を迎え、栗原さんは講演会をはじめとする様々なイベントを企画している。 

 その一環として実施したのが、冊子『二〆(のちめ)不動尊縁起』の刊行だ。これは、1831(天保2)年に建立されたのちめ不動(東山田町1156)にまつわる歴史を栗原さんが独自に調べ、昔の写真や自ら描いた綿密な図を数多く取り入れてまとめあげたもの。戒名帳などの資料を手掛かりに、のちめ不動の歴史を紐解く内容となっている。

 栗原館長は少年時代からの歴史好き。かねてから時間があれば地元の歴史を調べ、知識を蓄積してきた。そんな栗原館長にとって、由緒ある栗原家は資料の宝庫。実は、のちめ不動とも深い関係がある。かつてのちめ不動は、ニュータウン造成で削られてしまった城山の上にあったという。1864(文久4)年に移築される前にあったその場所へは、栗原家本家から参道が伸びている。4年前の正月、参道の入り口とされる庭の石塔を「酔った勢い」でひっくり返したら、のちめ不動の擬宝珠に刻まれた建立者「源貞慎」と同じ刻名を発見したというエピソードも。その後、源家と栗原家の親しい関係が戒名帳から証明されるなど、発見は尽きない。

 栗原さんは、「歴史を知ることは大きな楽しみ。ご先祖様のルーツに関わるものが見つけられるようにと、神様にお願いすることもある。すると不思議に、与えてくれるんだ」と笑顔で語った。地元の歴史を後世に伝えたいという情熱が、今回の冊子刊行を実現した。

 冊子は東山田中学校コミュニティハウスで販売。A4判で19ページ、1冊千円(税込)。問合わせは、同コミュニティハウス【電話】045・591・7240まで。 
 

都筑区版のトップニュース最新6件

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

障害者の外出サポート

都筑区社協

障害者の外出サポート

2月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク