都筑区版 掲載号:2012年11月29日号
  • googleplus
  • LINE

衆院選 7区から4人が出馬へ 12月16日投開票

 衆議院が解散し、12月4日公示、16日に衆議院総選挙の投開票が行われる。神奈川7区(港北区・都筑区)からは、首藤信彦(民主党)、鈴木馨祐(自民党)、比嘉常一(共産党)、田中朝子(みんなの党)の4氏が出馬に向け準備を進めている。【11月26日現在】

 前職・首藤信彦氏(67)は、危機管理を研究する専門家として活動をスタート。東海大学教授などを歴任しながら2000年に衆議院に初当選。05年、当時の小泉純一郎元首相による「郵政選挙」で落選したが、09年民主党が「政権交代」を訴えた前回衆院選で議席を取り戻した。「脱原発、安全安心な社会、東アジアの平和構築を今後も政策課題としたい」としている。

 元職・鈴木馨祐氏(35)は、大蔵省(現・財務省)退省後05年に比例南関東から初当選。07年、7区の地盤を引き継ぎ09年の選挙に挑んだが「反自民」の逆風に煽られ落選。その後無党派層も視野に入れ、自らの政策を訴えてきた。「法人税減税や規制緩和で競争力を高めていく。また、集団的自衛権の行使を可能にできる法整備をしていきたい」とする。

 新人・比嘉常一氏(54)は、日本民主青年同盟鶴見地区委員長、91年に日本共産党に専従し、11年から日本共産党横浜北東地区委員長に就任。05年の衆院選に7区から出馬しており、再チャレンジとなる。「消費増税をやめさせたい。ムダ使いを一掃し、大企業と富裕層に応分の負担を求めていく。雇用を守り、正社員が当たり前の社会をつくりたい」とする。

 新人・田中朝子氏(53)は、03年に東京・杉並区会議員に初当選。07年2期目の当選を果たしたが、09年に辞任、みんなの党から参議院選挙に出馬している。11年に同党7区の支部長に就任し、街頭演説などを繰り返しながら政策を訴えてきた。「脱原発、子育て環境の整備、社会保障の充実を重点的に進めたい。『おまかせの政治』からの脱却が必要」とする。
 

首藤信彦氏
首藤信彦氏
鈴木馨祐氏
鈴木馨祐氏
比嘉常一氏
比嘉常一氏
田中朝子氏
田中朝子氏

都筑区版のトップニュース最新6件

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

障害者の外出サポート

都筑区社協

障害者の外出サポート

2月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク