都筑区版 掲載号:2013年10月24日号
  • googleplus
  • LINE

横浜市のパパスクール 増加する『イクメン』を支援 区内では11月2日スタート

「カプラ」という板を使って親子で楽しんだ会(昨年)
「カプラ」という板を使って親子で楽しんだ会(昨年)
 横浜市は、育児に積極的に参加する『イクメン』の支援を目的に、平成23年度から、地域の子育て施設等で「地域版パパスクール」を開催している。今年度は市内7区で実施しており、区内では地域子育て支援拠点の「Popola」で11月2日から始まる。区内での取り組みについて聞いた。

 「Popola」では「チルコロパパクラブ」と題し、11月2日から2月1日まで全4回の日程でパパスクールを行う。対象となるのはこれから父親になる『プレパパ』と0から2歳児の父親。趣味も仕事も年齢も違うが、都筑という地域で、同世代の子どもを持つ父親という立場は同じ。毎回異なるテーマをこなしながら、親子の接し方を考えるきっかけにしたり、パパ友の結びつき、家族ぐるみの付き合いなど、その効果を発展させたい考えだ。

 同所でパパスクールのコーディネーターを務める樋口昌代さん、大庭直美さんは今年の状況について、「10月11日からの受付けでしたがすぐに定員になってしまって、キャンセル待ちが出ているほど。年々子育てに参加するパパは増えていると実感します」と手応えを感じている。

 昨年同所では公園遊びや写真撮影会など、屋内外でのプログラムを実践したが、今年は子どもに目が行き届くようにと、室内でのプログラムにした。1回目は「夫婦のパートナーシップ」がテーマ。以降、子どもとの関わり方、写真講座、おもちゃ作りと続き、専門の講師の下、プログラムを進めていく。樋口さん、大庭さんは「イクメンスクールというより、親子で笑って楽しめる時間が共有できたらいい。決して押し付けず、これをきっかけに地域でのコミュニティの輪が広がってほしい」と話している。

 市は22年度に「横浜イクメンスクール」を開講。23年度からは地域版として発展させ、市内各所でプログラムを実践している。

暑中お見舞い申し上げます

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6件

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月26日号

5,000m競歩で全国へ

中大横浜高校平岡さん、吉川さん

5,000m競歩で全国へ

7月26日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月19日号

ストレッチで健康促進

都筑区役所保険年金課

ストレッチで健康促進

7月19日号

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

再開発が本格始動

グリーンライン川和町駅周辺

再開発が本格始動

7月12日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人形キットを作ろう

WEショップつ づ き

人形キットを作ろう

8月1日 かけはし都筑

8月1日~8月1日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク