都筑区版 掲載号:2013年11月7日号
  • googleplus
  • LINE

都筑消防団 市操法大会で優勝 2009年以来3度目

社会

都筑消防団第五分団の選手たち
都筑消防団第五分団の選手たち
 横浜市消防局消防訓練センター(戸塚区)を会場に、10月27日に開催された「横浜市消防操法技術訓練会」で都筑消防団(吉野昭二団長)が優勝を果たした。2009年以来、3回目となる。

 同訓練会は、市内18区20消防団が参加し、2年に1度開催されるもの。競技は、4人の選手が連携して行う小型ポンプ操法。1本約20mのホース3本を素早く伸ばしてつなぐことから始まり、直径約50cmの的を放水で射抜く。その一つひとつの動作の機敏さやフォームの美しさが技術審査点として評価され、放水タイムの得点と合わせた総得点を競うものとなっている。

 都筑消防団は地域ごとに5分団に分かれており、今回参加したのは中川連合町内会を管轄する第五分団(皆川善康分団長)。その選手として、指揮者の新木道雄さん、森山雄一さん、唐戸剛司さん、長澤祐之さんが選ばれた。当日、同団は45・6秒で放水を完了。これは青葉消防団の44・6秒に次ぐ記録だったが、技術審査では都筑消防団が最高得点となり、総得点で1位に。皆川分団長は、「冷や冷やしたけど、優勝できて良かった」と笑顔で話した。

 同団は1年前からこの大会に向けて練習に励んでおり、毎回2時間、週3回の訓練をこなしてきた。特に力を入れたのは、「気を付け」や「回れ右」などの基本動作。足の向きや指先まで動きのひとつひとつをチェックし、フォームの完成度を高めてきた。その成果が今回の技術審査得点に結びつき、優勝につながった。

 選手たちの本業は建築や植木屋など様々だが、仕事を終えた後に臨む訓練は厳しいもの。「最近は疲れもたまってきていたが、気を引締めて頑張ってきた」とメンバー。吉野団長は、「訓練を通じて、技術の向上だけでなく団結力も強まる。いざという時にはこのまとまりの良さが役に立つのでは」と話した。

暑中お見舞い申し上げます

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

公益社団法人 緑法人会

企業の繁栄と社会貢献を胸に、良き経営者を目指す団体です。

https://midorihoujinkai.or.jp/

横浜市町内会連合会

住みやすい地域づくりのためにも自治会町内会へ加入しましょう

http://www.yokohama-shirenkai.org/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6件

進む 時間外留守電設定

市立校

進む 時間外留守電設定

7月26日号

5,000m競歩で全国へ

中大横浜高校平岡さん、吉川さん

5,000m競歩で全国へ

7月26日号

新生児聴覚検査を助成

横浜市

新生児聴覚検査を助成

7月19日号

ストレッチで健康促進

都筑区役所保険年金課

ストレッチで健康促進

7月19日号

ごみ量、年間の11倍に

大災害発生時

ごみ量、年間の11倍に

7月12日号

再開発が本格始動

グリーンライン川和町駅周辺

再開発が本格始動

7月12日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人形キットを作ろう

WEショップつ づ き

人形キットを作ろう

8月1日 かけはし都筑

8月1日~8月1日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月26日号

お問い合わせ

外部リンク