都筑区版 掲載号:2014年6月26日号 エリアトップへ

区内在住内堀嗣円(ひでみつ)選手 「もう一つのW杯」で南米へ グッズ販売で支援募る

掲載号:2014年6月26日号

  • LINE
  • hatena
「どんな相手でも立ち向かう」と内堀選手
「どんな相手でも立ち向かう」と内堀選手

 今年8月にブラジルで開催される知的障害者のサッカー国際大会。その日本代表に内堀嗣円選手(20・フトゥーロ所属)がゴールキーパーで選出された。JFFID(日本知的障害者サッカー連盟)ではオリジナルTシャツの販売などで遠征支援を呼びかけている。

 4年に一度の祭典として、盛り上がりを見せているサッカーW杯。「もうひとつのW杯」と呼ばれるINAS(国際知的障害者スポーツ連盟)サッカー世界選手権大会は同年、同開催国で行われるものだ。内堀選手はゴールキーパーとして、初の代表メンバー入り。「プレッシャーもあるけど、日本代表として誇りを持ってプレーしたい。ゴールネットは一度も揺らさせない」と気合充分だ。内堀選手は軽度の知的障害を持つが、中学時代にハンドボール部のキーパーとして全国大会などで活躍してきた。その経験はサッカーでも活かされ、レーザービームのような鋭いスローイングでカウンターを狙う。現在は市内のドラッグストアで勤務する傍らで、計18人の代表メンバーと共に練習に励んでいる。大会に向けて意気込む一方で「海外の人とたくさん友達になりたい」と無邪気な笑顔を見せる。

Tシャツ販売で「12番目の選手」呼びかけ

 海外遠征では数千万円以上の資金が必要となり、助成金でも十分に賄いきれないのが現状だ。そこでJFFIDではオリジナルTシャツを販売。売上は選手たちの遠征費にあてられる。利根川俊介マネージャーは「プリントされた数字には『12番目の選手』という意味があります。皆さんでTシャツを着て、ブラジルに発つ選手を応援してください」と呼びかけている。

 TシャツはJFFIDのHP(http://jffid.com)などで購入可能。

「12」が大きくプリントされたTシャツ
「12」が大きくプリントされたTシャツ

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

バスケで介護に脚光を

GFLOWEXE

バスケで介護に脚光を スポーツ

区内事業者 3x3参入

5月26日号

1歳枠拡大支援 鮮明に

横浜市保留児対策

1歳枠拡大支援 鮮明に 社会

対応施設に補助金

5月26日号

色々な「かお」楽しんで

色々な「かお」楽しんで 社会

ママカメラマンの写真展

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

商店街イベントいよいよ

商店街イベントいよいよ 経済

コロナ禍で3年ぶりも

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook