都筑区版 掲載号:2014年12月11日号 エリアトップへ

新聞コンクール 吉冨さんが最優秀賞に 素直で冷静な文に高評価

教育

掲載号:2014年12月11日号

  • LINE
  • hatena
原稿を手に笑顔の吉冨さん
原稿を手に笑顔の吉冨さん

 日本新聞協会主催の「第5回いっしょに読もう!新聞コンクール」の受賞作品が11月27日に発表され、川和高校(川和町2226の1)1年の吉冨綾華さんの作文が高校生部門の最優秀賞に選ばれた。科学の記事をテーマにした自然体な文章と、考えを冷静に分析している点が評価された。

 小、中、高校生が家族や友人と新聞記事を読み、その感想や意見を書いて応募する同コンクール。高校生部門は全国から1万4102編の応募があり、吉冨さんの作文はその中の最優秀賞に。吉冨さんは「まさか自分が選ばれるとは思っていなくて。名誉ある賞をいただけたんだなと実感しています」と喜んだ。

「卵が割れない容器」題材に

 吉冨さんが選んだ記事は、接着剤と厚紙だけで卵を落としても割れない容器を作成する東大教授の名物授業を取り扱ったもの。限られた道具で発想力を競うことがテーマだった。吉冨さんが惹かれたのはその中の「小学生成功率、東大生より上」という見出し。読みながら「自分だったらどんな容器を作るか」を考えてみたが、うまくアイデアが浮かばなかった。そこから「昔は失敗作を作ってから『失敗』に気づいていたが、今は作る前に失敗例を頭で描いて案を消している。だから知識の多い東大生より小学生が成功するのでは」と創造性の重要さに気づいたことを書き、「答えが一つでない問いかけがあったら、失敗を怖がらず自分の言葉で伝えたい」と提言した。その冷静な分析や、今後の考え方への影響を素直に表現したことが評価された。

 中学生の時から作文コンクールなどで入賞経験があった吉冨さん。今回の受賞は「もっと他の人の作文を読んでみたい。いろんな人のいろんな考えを知りたい」と考え方を変える刺激を与えた。

 また同コンクールでは吉冨さんのほか、川和高生徒が優秀賞1人、奨励賞に2人選出され、同校も学校奨励賞に選ばれた。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月23日号

「米国」世界大会で優勝

区内ダンスチーム

「米国」世界大会で優勝 スポーツ

児童9人が躍動

5月23日号

全校で当日注文可能に

ハマ弁

全校で当日注文可能に 教育

今月28日からスタート

5月16日号

2年かけ50周年誌作成

都筑ヶ丘自治会

2年かけ50周年誌作成 社会

役員6人で70ページ製作

5月16日号

変わる“都筑”開発着々

変わる“都筑”開発着々 社会

インフラ整備など進む

5月1日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

5月1日号

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進 社会

家庭訪問で虐待防止へ

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月23日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

第30回の記念公演

都筑太鼓

第30回の記念公演

女子プロレスラーも登場

6月15日~6月15日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク