都筑区版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

区医師会会館内 在宅医療相談室を開設 関連機関と情報共有

社会

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena

 医療や介護事業者の連携を高めるために1月28日、都筑区医師会(水野恭一会長)が市の委託を受け、牛久保西の会館内に在宅医療連携拠点となる「在宅医療相談室」を開設した。関係機関と医療・介護情報を共有する拠点として、在宅医療の体制を整える方針だ。

 高齢化社会が進むなか、医療機関の不足などが問題視されている。今後は入院患者が退院した後、自宅などで療養する「在宅医療」が増えるとみられている。

 横浜市はこれらの状況を受け、医療ニーズの高い患者が在宅療養生活へスムーズに移行するために、病院とかかりつけ医を結び付ける「在宅医療連携拠点」を1月中に10区で開設した。市は以前から同拠点を西区で運営しており、今後は全区での展開を目指す。

相談室で悩みに対応

 都筑区では区医師会が委託を受け、拠点を会館内(牛久保西1の23の4)に開設。同相談室にはケアマネジャーの資格を持つ看護師などが在籍し、「往診可能な医師を探している」「訪問看護、リハビリの空き状況を知りたい」など、在宅医療に関する相談にスピーディーに対応することが可能となる。また病院やかかりつけ医、地域ケアプラザなどの医療・介護情報を共有し、管理するのも具体的な取り組みの一つ。この情報は登録された事業所でも利用可能で、専門職同士の連携を高めることも期待されている。

「これまでの活動土台に」

 区医師会は区内でも在宅医療が増加することを見込み、先んじて薬剤師会や歯科医師会などと「都筑区医師会地域多職種連携協議会」を昨年1月に設立。在宅医療に関する職種同士で情報共有し、定期的に会議や講演会を行っている。

 担当者は「これまでも在宅医療に関する悩みや相談は多かった。これまでの活動を土台に、自宅で安心して療養できるよう速やかに体制を整えていきたい」と話している((問)910・6582)。
 

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

散歩道づくりが選考通過

中川地区

散歩道づくりが選考通過 文化

今春から緑のまちづくりへ

1月20日号

無料公演で支援呼びかけ

劇団かかし座

無料公演で支援呼びかけ 社会

存続危機にクラファン

1月20日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

安心・安全で賑わいを

新春区長インタビュー

安心・安全で賑わいを 社会

新たな取組、事業語る

1月13日号

温かさ届け、最後の発行

小川さんの「ゆうこ新聞」

温かさ届け、最後の発行 社会

難病・障害者を支え11年

1月6日号

今月、待望の着工へ

都筑区民文化センター

今月、待望の着工へ 文化

24年度の開館めざす

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook