都筑区版 掲載号:2015年1月29日号 エリアトップへ

区医師会会館内 在宅医療相談室を開設 関連機関と情報共有

社会

掲載号:2015年1月29日号

  • LINE
  • hatena

 医療や介護事業者の連携を高めるために1月28日、都筑区医師会(水野恭一会長)が市の委託を受け、牛久保西の会館内に在宅医療連携拠点となる「在宅医療相談室」を開設した。関係機関と医療・介護情報を共有する拠点として、在宅医療の体制を整える方針だ。

 高齢化社会が進むなか、医療機関の不足などが問題視されている。今後は入院患者が退院した後、自宅などで療養する「在宅医療」が増えるとみられている。

 横浜市はこれらの状況を受け、医療ニーズの高い患者が在宅療養生活へスムーズに移行するために、病院とかかりつけ医を結び付ける「在宅医療連携拠点」を1月中に10区で開設した。市は以前から同拠点を西区で運営しており、今後は全区での展開を目指す。

相談室で悩みに対応

 都筑区では区医師会が委託を受け、拠点を会館内(牛久保西1の23の4)に開設。同相談室にはケアマネジャーの資格を持つ看護師などが在籍し、「往診可能な医師を探している」「訪問看護、リハビリの空き状況を知りたい」など、在宅医療に関する相談にスピーディーに対応することが可能となる。また病院やかかりつけ医、地域ケアプラザなどの医療・介護情報を共有し、管理するのも具体的な取り組みの一つ。この情報は登録された事業所でも利用可能で、専門職同士の連携を高めることも期待されている。

「これまでの活動土台に」

 区医師会は区内でも在宅医療が増加することを見込み、先んじて薬剤師会や歯科医師会などと「都筑区医師会地域多職種連携協議会」を昨年1月に設立。在宅医療に関する職種同士で情報共有し、定期的に会議や講演会を行っている。

 担当者は「これまでも在宅医療に関する悩みや相談は多かった。これまでの活動を土台に、自宅で安心して療養できるよう速やかに体制を整えていきたい」と話している((問)910・6582)。
 

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

25周年、各地で祝う

都筑区制

25周年、各地で祝う 社会

記念式典に約300人

11月14日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

「ららぽ」に子育て支援拠点

「ららぽ」に子育て支援拠点 教育

5日から利用開始

11月7日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月7日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

10月31日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ 社会

本日から利用スタート

10月31日号

「オクトーバーフェスト」開催

中川駅前商業地区振興会

「オクトーバーフェスト」開催 社会

恒例行事の運営を一新

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク