都筑区版 掲載号:2015年3月19日号 エリアトップへ

都筑区市議選 定数5に6氏が名乗り 共産も候補者擁立か

政治

掲載号:2015年3月19日号

  • LINE
  • hatena

 任期満了に伴い4月3日に告示、12日に投開票される横浜市会議員選挙に向け、都筑区からの立候補予定者の顔ぶれが出揃いつつある。本紙の調べでは、3月16日現在で定数5に対し、現職3人と前職1人、新人2人が名乗りを上げているほか、共産党が候補者の擁立へ向け最終調整に入っている。

 今選挙から1増の5議席を争う。現職では、前回の得票順に、維新の党の望月高徳氏(49・1期)、自民党の草間剛氏(33・1期)、公明党の斎藤真二氏(58・2期)の3氏が名乗り。このほか、民主党の市議として2期務めた森裕之氏(44)が今回は無所属で挑む。新人では現任期で引退する嶋村勝夫氏の後継として長谷川琢磨氏(35)が自民党から、さらに会社員を10年勤めた木原幹雄氏(35)が民主党から、それぞれ出馬に向け準備を進めている。また、共産党は月内を目途に候補者選びの最終段階に入っており、擁立に向け前向きな姿勢を見せている。

6氏の訴えは

 望月氏は「行財政を見直し、削減できるものと投資すべきものを見極める必要がある。学校給食の実現など、子育て世代や若者への投資は継続、障害者、高齢者にも惜しみない投資を行うべき」と訴える。

 草間氏は「区制20周年を終え、港北ニュータウンの空洞化や高齢化等が危ぶまれる中で今を都筑のピークにしないことが大事」と強調。「ハードとソフトをうまく組み合わせた政策をフル回転させるべき」と話す。

 斎藤氏は少子高齢化を見据え「自宅に居ながら介護と医療サービスが受けられる地域包括ケアシステムの推進や、認知症者の生活支援など、支え合う地域づくりの構築に引き続き力を入れていきたい」と主張する。

 森氏は安全・安心な街づくりに主軸を置いた活動を展開。自身が作成した『都筑安全マップ』とともに「防犯、防災など地域の安全を最優先に考えるべき。原点に立ち返り、市民参加の政治を目指したい」と訴える。

 長谷川氏は「子育て」「教育」「福祉」「安心・安全」をキーワードに掲げ、「都筑は若くて元気な街だが地域間で課題も違う。地域の力を生かし、それぞれの実情に応じた発展を目指すべき」と強調する。

 木原氏は「力を入れたいのは子育て・医療・財政の3本柱。特に子育て世代とその両親の関係を密接にする『近居』への補助制度を整えたい。サラリーマン時代に培ったスピード感を持って取り組みたい」と話す。

前回投票率44・63%

 前回2011年の都筑区市議選の投票率は、44・63%で市投票率46・73%を下回った。選挙日程は、4月3日に告示、12日に投開票される。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

高まる重要性 活用に本腰

ハザードマップ

高まる重要性 活用に本腰 社会

市、「規模超え溢水ある」

10月24日号

「オクトーバーフェスト」開催

中川駅前商業地区振興会

「オクトーバーフェスト」開催 社会

恒例行事の運営を一新

10月24日号

工事順調、来年3月開通へ

横浜北西線

工事順調、来年3月開通へ 経済

バイパス渋滞改善も期待

10月17日号

「子ども神輿」初担ぎ

川和町上サまつり

「子ども神輿」初担ぎ 文化

金子さん(荏田西在住)の手作り

10月17日号

緊急輸送路、34%整備済み

横浜市無電柱化

緊急輸送路、34%整備済み 社会

課題は高額整備費

10月10日号

セン南北周辺の上昇続く

都筑区内基準地価

セン南北周辺の上昇続く 社会

宅地最高は「荏田1丁目」

10月10日号

新シーズンへ出航

プロバスケ横浜ビーコル

新シーズンへ出航 スポーツ

「海賊よ、勇敢であれ」

10月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月26日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月24日号

お問い合わせ

外部リンク