都筑区版 掲載号:2015年8月27日号 エリアトップへ

区内自治会・町内会 「我が街」守る災害対策 独自の取り組みを推進

社会

掲載号:2015年8月27日号

  • LINE
  • hatena
災害対策の議論を重ねるみずきが丘自治会員
災害対策の議論を重ねるみずきが丘自治会員

みずきが丘自治会

 荏田南のみずきが丘住宅は1983年に入居開始し、現在は約400世帯が住む地域。ここではいつ来るかわからない自然災害に備え、同自治会(齋藤繁会長)を中心に災害対策を講じている。

 同自治会では春と秋に防災訓練を行う。昨年の訓練はベランダにある非常用の隔壁を破り、隣へ避難するなどでリアリティを追求した。いざという時に「使い方がわからない」ということがないようにするためだ。

 また今年実施した住民対象のアンケートでは、非常用の食糧と水を備えている家庭が少ないことがわかった。特に備えを呼びかけているのは緊急トイレ。齋藤会長は「過去の大震災でも断水時に排泄物の処理に苦労したと聞いている。集合住宅の特徴をとらえて、非常時のストレスを軽減させたい」と話し、「利点は隣近所との距離が近いこと。一人ひとりが防災意識を高く持つ『自助』と、助け合う『共助』を考えていきたい」と対策を進めている。

佐江戸町内会

 都筑区の南部に位置する佐江戸町は約3000人が住む。同町内会(安部喜平会長)が進める対策は近隣の企業や福祉施設などとの連携協定だ。

 同町内会は「パナソニックモバイルコミュニケーションズ(株)」、有料老人ホーム「サニーステージ中山」などと協定を結び、施設の安全な場所を一時避難所として開放するなどが盛り込まれている。また昨年7月には市多機能型拠点「つづきの家」と新たに締結。発災時、地域住民は施設利用者の避難協力を行うかわりに、同所は施設内の診療所が活用される。安部会長は「非常時には相互協力が欠かせない。協定をきっかけに合同の防災訓練も定期的に実施している。事業所が多い佐江戸ならではの取り組みを進めて、万一に備えたい」と話している。

「つづきの家」との締結調印式
「つづきの家」との締結調印式

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6

大災害時に飲料水提供

(株)トーエル

大災害時に飲料水提供 社会

都筑署と協定

10月22日号

ホーム開幕戦で2連敗

プロバスケ 横浜ビーコル

ホーム開幕戦で2連敗 スポーツ

10月22日号

増える自殺、救うには

増える自殺、救うには 社会

精神科医・内田教授に聞く

10月22日号

善意の寄付

善意の寄付 社会

川和町 (有)大興資源

10月22日号

不妊治療の支援へ意欲

三原副大臣ら

不妊治療の支援へ意欲 政治

市内クリニックを視察

10月22日号

歌と踊りで救急理解

市消防局

歌と踊りで救急理解 社会

ユーチューブで動画配信

10月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月22日号

お問い合わせ

外部リンク