都筑区版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

備蓄飲料水を配送無料に 市水道局がキャンペーン

社会

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena
給水リュック(左)と水缶
給水リュック(左)と水缶

 横浜市水道局は、災害に備える飲料水の備蓄促進キャンペーンを10月31日まで実施している。

 キャンペーン中は7年間保存できる災害用備蓄飲料水として同局が販売する「横浜水缶」1箱(500ミリリットル×24本)の配送料が市内限定で無料になる。また、3箱購入ごとに6リットルの水が入る給水リュックが進呈される。

 同局は身近な災害対策とされる自助力の強化として、災害時に必要な3日分の飲料水「一人最低9リットルの備蓄」を訴えており、担当者は「キャンペーンを通じて命をつなぐ水の大切さを知ってもらい、備蓄促進につながれば」と話す。

 注文などの詳細は同局サービスセンター【電話】045・847・6262。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6

改定で浸水想定5倍に

内水ハザードマップ

改定で浸水想定5倍に 社会

下水道の排水に限界も

7月22日号

「久々再会、嬉しいねぇ」

「久々再会、嬉しいねぇ」 社会

勝田団地で2年ぶりイベント

7月22日号

2021 横浜市長選

2021 横浜市長選 政治

情報は7月16日時点

7月22日号

水循環啓発動画を作成

市3局

水循環啓発動画を作成 教育

ユーチューブで公開

7月22日号

都筑区内に物流拠点

セブン&アイ

都筑区内に物流拠点 経済

ネット需要拡大受け

7月22日号

「働く女性」活躍を推進

検証・林市政の12年〈下〉

「働く女性」活躍を推進 政治

管理職割合目標は未達

7月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第13回『結膜炎はうつりますか?』

    7月22日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter