都筑区版 掲載号:2015年9月25日号 エリアトップへ

ビーコル 横浜発展の旗手に デスク・レポート

スポーツ

掲載号:2015年9月25日号

  • LINE
  • hatena

 ▼都筑を本拠地にするプロバスケチーム、横浜ビー・コルセアーズが来年10月開幕の男子新リーグ「ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ」(JPBL)の1部参入を決めた。2011年から「TKbjリーグ」に参入し3年目から新体制に移行後、チーム運営や財政を刷新。債務超過を解消し、1部参入に必要な年間売上2・5億円のめどが立ったことは大きな成果と言える。

 ▼bjリーグ2季目の途中から運営に関わってきた植田哲也球団代表(44)は「破たん寸前のチーム財政を立て直すことが第一だった」と振り返る。昨季まで8400万円だった資本金を約3億1500万円まで引き上げたのは、株主からの増資をはじめ地道なスポンサー営業によるところが大きい。株主は約80社から10社ほど増加。植田代表は「(現所属リーグ最後の年にあたる)今季の売上を昨季の約1・4億円から2・5億円にしたい」と新リーグ参入を控え、目標を語る。

 ▼売上に加え、もう一つの大きなポイントがメーンアリーナ(主会場)だ。JPBLが1部参入の選考基準にした、年間試合数の8割のホーム戦を実施できる5千人規模の競技場は、区内の横浜国際プールを確保した。横浜市市民局スポーツ振興課は「横浜文化体育館(中区)も含めた2会場の確保について、市・県バスケットボール協会とともに支援する」としている。

 ▼ファンクラブにあたる個人会員数は昨季の約780人から3200人に伸ばした。市の広報協力を得て、8月末には市営地下鉄の駅頭で選手らによる募集キャンペーンを実施。草の根活動で認知度を高め、観客動員につなげたい考えだ。横浜市のほか座間市、平塚市などで行われたホーム戦の動員数は2014―15シーズン(10月〜4月)で26試合平均1439人。チーム初年度の1050人から約1・4倍と増加傾向にある。

 ▼横浜唯一のプロバスケチームとして、若年層の育成にも期待がかかる。スクール事業として市内外で全5校、15クラスを開講しており、小1から中3まで約500人が所属する。日本バスケットボール協会に登録する神奈川県の競技者は、都道府県最多の3万8926人(2月時点)。地域密着型のチームが、市の発展にも重要な役割を担いそうだ。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6

自転車で新しい世界へ

ズームアップ‼地域人

自転車で新しい世界へ 社会

52歳 自転車教室主宰の松永さん

5月13日号

自転車マナー向上呼びかけ

自転車マナー向上呼びかけ 社会

北山田で啓発グッズ配布

5月13日号

パルマワラビーを展示

パルマワラビーを展示 社会

金沢動物園で3頭

5月13日号

「鎖国」下の日英を紹介

開館40周年記念

「鎖国」下の日英を紹介 文化

横浜開港資料館で企画展

5月13日号

やりたいことをカタチに

やりたいことをカタチに 文化

「やりカタ講座」受講生募集

5月13日号

車上ねらいに注意

【Web限定記事】都筑警察署管内 犯罪・事故発生状況

車上ねらいに注意 社会

貴重品を持ち歩きましょう

5月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月22日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

  • 3月4日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter