都筑区版 掲載号:2015年10月22日号

「青パト」23台で見守り活動 社会

都筑署と各団体が出発式

会場から出発する青パト
会場から出発する青パト
 市歴史博物館臨時駐車場(中川中央)で10月9日、地域団体などの青色防犯パトロール車「青パト」の出発式が行われた。

 地域住民や自治会単位で、防犯パトロールを行う際に使用する青パト。青色の回転灯が搭載されているのが特徴だ。区内では26団体、計61台あり、県内最多。防犯意識が高い街として知られている。

 出発式は都筑警察署(新村晃一署長)が主体となり、防犯意識の向上を目的に行われたもの。各地区の町内会や商業振興会など22団体、計約50人が参加した。

 新村署長は「住民が安心して暮らすためには、警察と地域の方たちとの協力が不可欠。パトカーの赤色灯と青パトのコラボレーションで、地域の安全を守りましょう」とあいさつ。その後、各団体が青パトに乗り込み、次々に出発した。参加した中川商店連合会の吉野栄輔会長は「毎週土曜日の夜、青パトに乗って見守りを続けている。最近は他地区でも所持団体が増えてきて、よりピンポイントのパトロールができるようになった。これからも安心できる街づくりに協力していきたい」と話した。

不登校・ひきこもりが終わるとき

講演会 体験者が当事者とその家族に語る理解と対応の道しるべ

http://oyanokai.blogspot.jp/

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6件

関連記事(ベータ版)

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク