都筑区版 掲載号:2015年12月3日号
  • googleplus
  • LINE

創立20周年を迎えた都筑区聴覚障害者協会の会長を務める 山下 智慎(ともちか)さん 中川中央在住 48歳

共生社会、築きたい

 ○…「聴覚障害者は音声情報が容易に得られない。会は情報交換の場」。賛助会員含め約40人で、協力し合い情報共有している。講演会の企画や区内の学校へ聴覚障害者を派遣し、手話の普及活動に尽力。「毎年行う交流会は飲み会。お酒が入ると普段話さないことも話せる」と、ざっくばらんな会の意義を語る。19日には、東京五輪を見越しアメリカのろう者に外国文化を学ぶ講演を都筑区で開催。手話サークルなどと連携して、「聞こえる人と聞こえない人が共に協力する社会を築きたい」。

 ○…愛知県名古屋市出身。3歳頃に高熱が原因で「音が聞こえなくなった」。両親の教育方針でろう学校には行かず、健常者と同じ学校に通った。「友達の口形の動きを見て何を話しているのか推測した」。いじめも少し経験したというが「嫌なことは忘れる性格」と笑い飛ばす。授業中は黒板に書かれた文字を必死で写し、理解できない言葉の意味を自宅で調べ直した。高校卒業後は、慶應義塾大学に進学した努力家だ。性格を考え、個性を伸ばせる環境で成長させてくれた両親に今は「感謝している」。

 ○…大学卒業後、大手電機メーカーに入社。若い時はソフトウェアの研究開発に従事。「入社時は健常者に負けたくなかった」。仕事に没頭するも、会話ができないもどかしさも感じた。会議に参加しても、全く内容が分からないこともあった。「ろう者だから限界がある。そういう見方が悔しい」。まだまだ聴覚障害者の昇格が困難な社会で約8年前、主任になった。会社人生で「一番うれしかった」と破顔する。

 ○…年明け1月、都筑公会堂で市の聴覚障害者協会が主催する「新年のつどい」では副実行委員長を務める。「聞こえる人も、聞こえない人も一緒に生活できる社会を作りたい」。人と人とのつながりを大切に、聴覚障害者のことを理解してもらう共生社会のために、今後も働きかけていく。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の人物風土記最新6件

奥田 武夫さん

都筑防犯協会に着ぐるみを贈呈した都筑・緑遊技場組合の組合長

奥田 武夫さん

4月12日号

三須 国男さん

区内の高齢者施設などで演奏するバンド「ブルーグリーンアンサンブル」のリーダー

三須 国男さん

4月5日号

有好 まなみさん

「WOMEN’S MEET UP!」プロジェクトを企画・運営するモヤ→キラ委員会代表

有好 まなみさん

3月15日号

城田 栄一さん

都筑警察署に防犯カメラを寄贈した都筑工場事業所防犯協会会長の

城田 栄一さん

3月8日号

皆川 幸成さん

ビーコルセンターを開設した(株)五人侍の代表取締役を務める

皆川 幸成さん

3月1日号

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

2月15日号

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

モンブランのマジック

モンブランのマジック

4月22日 都筑公会堂

4月22日~4月22日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年4月12日号

お問い合わせ

外部リンク