都筑区版 掲載号:2015年12月10日号
  • googleplus
  • LINE

都筑区 火災件数が昨年比19件減 消防団の取組み奏功か

社会

小学生の放水体験を補助する消防団員(左)=2日撮影
小学生の放水体験を補助する消防団員(左)=2日撮影

 区内の火災件数が今年に入り減っている。都筑消防署によると、今年の火災件数は12月1日現在で27件。昨年同期比の46件に対し、19件減少している。

 同署は「都筑消防団の活動や企業の事業者が自主的に防災訓練などを行ってきた成果が出ているのではないか。とくに消防団は防災の中核になってきている。いろいろな訓練にも顔を出してもらっています」と件数減少の一面を推測する。

 都筑消防団は定員440人に対し、421人。充足率は95・7%と、市内の20消防団中4番目だ。主な活動は火災現場で消火活動の後方支援や地域の巡回警備など。5つの分団から構成され、18班に分かれて活動している。吉野昭二団長(65)は「班によっても違うが、月に2回は巡回活動をしている。自分たちのまちは自分たちで守るという精神が消防団を支えています」と胸を張る。 

 2日には消防団の取組みを知ってもらおうと、中川小学校で第5分団の11人が参加し、防災教室を行った。区内の小学校への訪問は今年で3年目だという。   当日は4年生約140人が参加し、吉野団長の講演のほか、団員の指導のもと、放水体験や消防車の説明などが行われた。参加した児童らは、「消防車、かっこいいー」などと声をあげていた。

 放水体験をした宮城豪士(つよし)くん(9)は、「大人が軽々とホースを持っていたので、もっと軽いかと思った。想像以上の重さにびっくりした。消防団の人はすごい」と感心しきりだった。
 

都筑区版のローカルニュース最新6件

ホットドッグで早食い競争

ビーコルセンター

ホットドッグで早食い競争

7月19日号

夏野菜収穫がピーク

伝統行事の「虫送り」

人形キットを作ろう

WEショップつ づ き

人形キットを作ろう

7月19日号

寸劇で交通安全学ぶ

茅ケ崎東小

寸劇で交通安全学ぶ

7月19日号

目指せ『リケジョ』

参加者募集

目指せ『リケジョ』

7月19日号

師岡熊野神社

「七五三お着物レンタル先行ご予約会」「七五三レンタル衣裳内覧会」開催

http://www.kumanojinja.or.jp/

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人形キットを作ろう

WEショップつ づ き

人形キットを作ろう

8月1日 かけはし都筑

8月1日~8月1日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク