都筑区版 掲載号:2015年12月17日号
  • googleplus
  • LINE

「はやぶちフェスティバル」を初開催した早渕中PTA会長の 池 雅子さん 仲町台在住 

縁の下の「スーパー主婦」

 ○…初開催のイベントに来場者は1000人を超えた。予想以上の人手に「量が足りなかったけど、出店では『美味しい』と地域の方が声をかけてくれて嬉しかった」と、ほほ笑む顔には充実感が溢れる。早渕中学校区の小学校などと連携し、PTA役員らと奔走した。開校5年、新設校での企画に「一歩を踏み出すのは大変だけど、自分たちのアイデアが生かされる。新しいものを考える楽しさがあった」。フェス終了の3日後には反省会を開催し、来年の事前準備に余念がない。「やりかけた以上は続いてほしい」。発起人は前を見据える。

 ○…滋賀県出身。仲町台に移り住み11年目。関西出張の多い夫を気遣い「(新幹線に乗る)新横浜に近い都筑区に決めた」。息子が折本小時代、「PTA副会長」に名前が上がった。「頼み込まれると断れない性格」。直ぐ引退するつもりだったが、その後も会長、卒業記念準備会の実行委員長など5年間、PTAに骨を埋めた。3カ月間、頑なに断り続けていたが、早渕中でも会長に。「断れない自分が弱いんです」と静かに語る「いいひと」だ。

 ○…中学、高校と育ちざかりの息子二人のため早朝5時から手作り弁当を仕込む。週6日程、午前6時30から小売店舗でパート勤務する「スーパー主婦」。寝不足との戦いに「つらいこともある」。しかし「大人になってからの人生では(社会から)頼られることは少ない。少しでも必要とされているのかな」。社会のため、子どもためが活動の原動力になっている。

 ○…会合や地域のイベントで自宅に居ないことも多く家事、育児を夫と二人三脚で歩んできた。そんな夫も折本小親父の会OBとして「はやぶちフェス」の出店を担当。「PTA活動が終わったら、ゆっくり出かけたい」。主婦、会長、仕事と休みはほぼないが、「私、手相にストレス線がないんです」と明るく笑い飛ばす。「縁の下でいい」。地域のために、今後も尽力していく。

都筑区版の人物風土記最新6件

福原 庸子さん

市歴史博物館の外国人来館者向け英語ガイドブックの製作に励む学芸員の

福原 庸子さん

7月19日号

三坂 慶子さん

多国籍主婦同士の交流イベントを主催する市民団体の代表を務める

三坂 慶子さん

7月5日号

高見 泰地さん

将棋の第3期叡王戦(ドワンゴ主催)で初タイトルを手にした

高見 泰地さん

6月28日号

山谷 朋彦さん

横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

6月21日号

滝本 沙奈さん

地元情報を発信するイッツコムの新番組「サタデーイッツコム」でMCを務める

滝本 沙奈さん

6月14日号

塩入 廣中さん

「まちづくり功労者国土交通大臣表彰」を受賞したぐるっと緑道の代表を務める

塩入 廣中さん

6月7日号

師岡熊野神社

「七五三お着物レンタル先行ご予約会」「七五三レンタル衣裳内覧会」開催

http://www.kumanojinja.or.jp/

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

人形キットを作ろう

WEショップつ づ き

人形キットを作ろう

8月1日 かけはし都筑

8月1日~8月1日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月19日号

お問い合わせ

外部リンク