都筑区版 掲載号:2015年12月17日号 エリアトップへ

横浜市歴史博物館 「紙芝居」が指定文化財に 1月11日まで企画展

文化

掲載号:2015年12月17日号

  • LINE
  • hatena
公開される街頭紙芝居
公開される街頭紙芝居

 横浜市はこのほど、横浜市指定文化財として新たに3件を指定した。その1つ、横浜市歴史博物館(中川中央)所蔵の「街頭紙芝居 附(つけだり) 舞台・拍子木」は、戦後間もなく流行したもの。同館ではこの紙芝居を含む文化財などを公開する企画展を1月11日まで開催する。

 今回指定を受けた街頭紙芝居は、1946年から1957年頃にかけて東京都内や磯子区で街頭紙芝居を上演していた同区の故・鷲塚隆さんが2011年、市歴史博物館に寄贈。現役を退いた後に収集した紙芝居253巻(2700点)のほか、上演する木製の舞台、客寄せや効果音を出す時に使ったとみられる拍子木も贈られた。

 1953年にテレビ放送が開始され、家庭にも普及し始めると街頭紙芝居は急激に衰退。東京周辺に9社あった紙芝居の制作会社は60年には全て廃業したという。また、紙芝居の多くは役目を終えると古紙などに使われ、その多くが失われた。しかし鷲塚さん所有の19タイトル中「少年スピード王」「赤外流星人」「大怪獣ダイラ」の3編は全巻そろっている。

 市教育委員会事務局担当者は「シリーズ全巻が残っているのは全国的にも珍しい」とし、今回の指定に至ったと話した。

上演会も開催

 同館は毎月最終土曜日に街頭紙芝居を実演している。これは鷲塚さんの「世のため人のために使ってほしい」という思いを継いで行われているもの。企画展会期中は19日、22日、23日、26日、27日にも実施される。鷲塚さんの弟子である岸本茂樹さんを中心に当時さながらの口上で披露される紙芝居に、よく見に来るという港北区在住の石黒義温(よしはる)くん(9)・鷹敏(たかゆき)くん(4)は「絵本や漫画より面白い」と話している。

 同館担当者は「指定され、大切に保管するのはもちろん実演も続けて文化を継承したい」と話す。

 「横浜市指定・登録文化財展」のほか、「横浜の遺跡展―港北の狩人たち」も現在同時開催している。入場無料、1月11日まで。
 

紙芝居を実演する岸本さん
紙芝居を実演する岸本さん

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月23日号

「米国」世界大会で優勝

区内ダンスチーム

「米国」世界大会で優勝 スポーツ

児童9人が躍動

5月23日号

全校で当日注文可能に

ハマ弁

全校で当日注文可能に 教育

今月28日からスタート

5月16日号

2年かけ50周年誌作成

都筑ヶ丘自治会

2年かけ50周年誌作成 社会

役員6人で70ページ製作

5月16日号

変わる“都筑”開発着々

変わる“都筑”開発着々 社会

インフラ整備など進む

5月1日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

5月1日号

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進 社会

家庭訪問で虐待防止へ

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月23日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

第30回の記念公演

都筑太鼓

第30回の記念公演

女子プロレスラーも登場

6月15日~6月15日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク