都筑区版 掲載号:2016年1月1日号 エリアトップへ

(PR)

医療レポート チームで見守る「総合内科」 専門外来も充実の横浜総合病院

掲載号:2016年1月1日号

  • LINE
  • hatena
同院内科の常勤医。國香則文内科主任部長(前列中央)を中心に、専門性の高い治療から一般内科まで幅広く手がける
同院内科の常勤医。國香則文内科主任部長(前列中央)を中心に、専門性の高い治療から一般内科まで幅広く手がける

 1988年の開院以来、地域の急性期型中核病院として、丁寧で質の高い医療を追求してきた青葉区鉄町の横浜総合病院(平元周院長)。一般外来はもちろん救急医療にも力を注ぎ、診療科目の枠を超えた「チーム体制」で柔軟な診療を心がけている。昨年から常勤医師が増え、ますます専門性の高い医療の提供が可能となった「内科」について取材した。

専門性の高い「地元密着の医療」

 昨年4月に増員した内科では、現在常勤のドクター9人体制で診療にあたる。「モットーは地域の中核病院として、地元密着で患者さんを診ていくこと」と、内科主任部長の國香則文医師は話す。青葉区をはじめ、周辺地区のクリニックや大学病院との連携を密にし、患者の受け入れも可能な限り行う。血液内科や神経内科、特殊外来など専門性の高い医師が揃い、さまざまな患者の受け入れ体制を整備しているのも同院の特長だ。「各科の専門医が集まっているので、大学と同等レベルの治療ができるよう強化していきたい」と國香医師は思いを語る。

リハビリに注力

 地域柄もあり、内科の入院患者の8割近くが高齢者だという同院。数日の入院をきっかけに寝たきりになるケースも珍しくないという高齢者が、施設や自宅に帰れるよう、リハビリにも力を入れる。「歩いてきた人は歩いて帰す、が目標。理学療法士と週に1回カンファレンスを行い、早期リハビリに着手している」。リハビリ対策の一つが「嚥下(えんげ)チーム」だ。加齢とともに弱まる飲み込みの力を個々の患者によって評価し、食塊の残留の具合などから食事の固さの調節を行う。「脳卒中などの病後に飲み込みが悪くなり、気管に詰まって誤嚥性肺炎を繰り返すケースも多い」と、チームを立ち上げた神経内科の徳山承明(よしあき)医師。管理栄養士や言語聴覚士など10人ほどが情報交換を行い、連携して患者を見守っている。また、口腔ケアチームでは口の中を清潔に保ち、肺炎などの原因となる菌の予防にも力をいれる。土日祝日も休みなく実施しており、患者のための切れ目のないサポートを目指している。

呼吸器疾患に対応

 昨年の10月からは、呼吸器内視鏡検査も手がける同院。「結核などを含む呼吸器感染症や、慢性肺疾患の診断に役立つ」と、呼吸器内科を専門とする石田明医師は話す。同科では、肺炎の入院患者をはじめ、気管支ぜんそくや喫煙がきっかけとなるCOPD(慢性閉塞性肺疾患)など若年者から高齢者まで幅広く診断。また肺がんの治療を終えた人の緩和医療など、専門性の高い治療にも対応する。

睡眠障害の診断も

 同院が取り入れる特殊外来の一つが「睡眠時無呼吸症候群専門外来」だ。日中の眠気や睡眠時のいびき、呼吸の停止などの症状がある人に検査を行い、原因を探り治療を行う。「この疾患がもとで脳梗塞や心筋梗塞など命にかかわる病気につながるケースもある」と、同科の中村光哉(みつちか)医師。検査は一晩の睡眠経過を調べるため、夕方から翌朝の1泊入院で済むという。「睡眠障害といっても、生活リズムの乱れからうつ病まで原因はさまざま。眠れない、という人は相談を」と中村医師は話す。

 一般内科から専門的な治療まで、地域の総合内科として質の高い医療を行う同院。これからも患者の思いを汲み、生活者に寄り添う治療を目指していく。

医療法人社団緑成会横浜総合病院

神奈川県横浜市青葉区鉄町2201-5

TEL:045-902-0001

http://yokoso.or.jp/

都筑区版のピックアップ(PR)最新6

「教科書が読めれば成績が上がる」

マイジャイロ

「教科書が読めれば成績が上がる」

工学博士考案の「自立学習法」

5月26日号

家の塗装について考える

アスカ建設の施工事例紹介

家の塗装について考える

塗り替え時期「見極めが大切」

5月19日号

「真心」込めた人形供養祭

メモリアルアートの大野屋 6月26日

「真心」込めた人形供養祭

現在、予約受付中 5月28日から受け入れ

5月19日号

成婚「一年以内」目標に

成婚「一年以内」目標に

川崎生田相談室だからできる

5月19日号

電話一本ですぐ回収

地元横浜で38年の老舗

電話一本ですぐ回収

不用品回収の大興資源

5月5日号

赤身と脂身の黄金比が生む絶品

創業30年超、絶え間ない人気には理由がある

赤身と脂身の黄金比が生む絶品

GWのプチ贅沢は「稲」で決まり!

4月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook