都筑区版 掲載号:2016年1月1日号 エリアトップへ

安全・安心の確保に向けて 神奈川県議会議員 しきだ博昭

掲載号:2016年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 昨年の県議会において、大規模災害発生時に県民の避難生活が長期化した場合の対策について質問しました。

 東日本大震災の際、インターネット通販大手のアマゾンジャパンが、自社サイト内に「ほしいものリスト」を公開し、国内外の閲覧者が掲載された物資を寄付する形で購入し、被災地の避難所や学校など計7千カ所以上に、約10万点超の物資を届けました。

 避難生活が長期化するにつれ、被災者のニーズも多様化し、例えば、子どもが絵を描きたがっているのでクレヨンが欲しいといったものや、お風呂に入りたいといった要望に対し、お風呂をつくるための資材や工具をリストアップしたり、水産加工場に近接した小学校では、夏を迎え悪臭が漂う中、エアコンのない教室で窓を閉めきって授業を受けている児童のため、扇風機と消臭剤が寄付を通じ届けられました。

 さらに、現地の様子を同社のサイトに公開することにより、支援を受けた方々の感謝の気持ちを寄付者に届けることができます。

 また、真に必要とされている物資を過不足なく迅速に届けることができ、支援する側にとっても目に見える形で自らの善意による寄付が効果を上げていることを実感できます。

 県の想定では、都心南部直下地震による県内避難者数は、発災後1カ月後でも約87万人にのぼり、避難所も2千カ所以上設置されるとしています。現在、県は私の質問を受け、アマゾンジャパン及び市町村に働きかけ、災害時における避難所別に必要な物資を登録し避難者のニーズにきめ細かく対応すべく協定締結に向けた協議を続けています。

 引き続き、安全・安心の確保に向け、様々な提言を行うとともに、具体的な施策の実現にさらなる努力を重ねて参ります。

敷田博昭

横浜市都筑区中川中央1-7-5-201

TEL:045-914-6588
TEL:045-914-6587

http://www.shikida-hiroaki.com

都筑区版の意見広告・議会報告最新6

60歳以上の4回目接種がスタートコロナに罹患した経験からの対策を提言

第2回定例会が開会市民の命・健康・暮らしを守る

第2回定例会が開会市民の命・健康・暮らしを守る

横浜市会議員 望月 こうとく

5月19日号

令和4年度予算が成立

寄稿 155

令和4年度予算が成立

横浜市会議員 斉藤しんじ

4月28日号

姉妹都市オデーサ赤十字に義援金146万円を国際送金

横浜市会議員 くさま 剛

姉妹都市オデーサ赤十字に義援金146万円を国際送金

ウクライナの平和を祈ります

4月7日号

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

自民党横浜市会議員団

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

募金280万円をオデーサ市に国際送金

4月7日号

進化する中学校給食

公明党横浜市議団市政報告

進化する中学校給食

3月31日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook