都筑区版 掲載号:2016年1月1日号 エリアトップへ

世界目指す、「日の丸戦士」 「東京五輪は通過点」 都筑ゆかりの若きアスリート

スポーツ

掲載号:2016年1月1日号

  • LINE
  • hatena
棒高跳び 江島雅紀さん(16) 県立荏田高校2年
棒高跳び 江島雅紀さん(16) 県立荏田高校2年

 「いろいろな人に支えられていまの自分がある。記録で恩返しするしかない」―。

 16歳、17歳が対象の男子棒高跳びユース日本最高記録、5m36を昨年10月に樹立した。11月22日には、東京五輪での活躍が期待される選手強化育成プロジェクト「ダイヤモンドアスリート」13人のうちの1人に日本陸上競技連盟から指定された。

 188cmほどある身長は、中学1年時は158cm。「背の順で並ぶと、前から2番目でした」。江島さんが競技をはじめた中学1年生の頃から学校外のクラブで指導にあたる、コーチの平井勇気さん(36)は最初の印象についてこう語る。

 助走のタイミングがなかなかつかめずに、跳躍をためらってしまう選手が多いというが、「(江島さんは)跳ぶタイミングが長けていた。彼は高さへの好奇心も強いし、怖がらない」。

 人生最初の跳躍で、跳んでいる最中にバランスを崩し、足にスパイクが刺さる縫うほどの怪我をしたことがあった。それでも「跳べた時の達成感。楽しいという気持ちが強くて」と江島さんは当時を思い出し、苦笑いする。「いつも失敗からはじまる。自分、負けず嫌いなんで」。向上心が日々の成長を支えている。

 神奈川区在住。「全国レベルの仲間と切磋琢磨したい」と体育コースのある荏田高に進学した。都筑中央公園はお気に入りのトレーニングスポットだ。「緑が多くて癒されます」。海外遠征に備え、少しでも英語の勉強になればと、洋楽を聞きながら園内をジョギングすることもある。

 授業と部活、遊びなどオンとオフの切り替えができないと、競技への集中力も欠いてくるという経験から「生活態度があってこその競技力」をモットーにしている。陸上競技部顧問の内藤篤史教諭(50)は、「謙虚に学生らしく、しかし、小さく収まらず常に高いところを目指してほしい」と背中を押す。

 「東京五輪は通過点だと思っています。昔は夢でしたけど、いまは現実的な目標です。生涯棒高跳びを続けたい」。未来を見据える江島さんの目は、しっかり前を向いている。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6

市道の環境改善に寄与

美里橋サークルが実践賞

市道の環境改善に寄与 社会

4月2日号

白い花に豊作の願い込め

白い花に豊作の願い込め 社会

浜なし授粉作業到来

4月2日号

都筑の「桜」で一息を

都筑の「桜」で一息を 文化

散策後は人気パン屋へ

4月2日号

横浜市にとっての生命線

横浜北西線開通 林文子市長

横浜市にとっての生命線 社会

市内経済活性化に期待

3月21日号

「災害時の有効な道に」

横浜北西線開通 喜びの声、続々 山崎製パン横浜第二工場

「災害時の有効な道に」 経済

佐々木執行役員工場長

3月21日号

「市内の移動、便利に」

横浜北西線開通 喜びの声、続々 シュタットシンケン

「市内の移動、便利に」 経済

現代の名工 中山一郎さん

3月21日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク