都筑区版 掲載号:2016年2月18日号 エリアトップへ

「心と心を結ぶ存在に」 NPO法人「結ぶ」代表 図子俊子さん

社会

掲載号:2016年2月18日号

  • LINE
  • hatena
「被災地の方と一緒に前に進みたい」と話す図子俊子さん(69)
「被災地の方と一緒に前に進みたい」と話す図子俊子さん(69)

 NPO法人「結ぶ」代表、図子俊子さん(川和町在住)は震災以降、毎年3月にセンター北で復興支援イベント「わすれない3・11」を開催している。年に2、3回の被災地訪問で知り合った福島や宮城の人々を招き、講演やもちつき、楽器演奏などの交流を継続。今年3月5日、6日のイベントでは20を超える市民団体が協力し、規模は年々拡大しているという。図子代表は「会員は12人だが、集まってくれる人が沢山いる。それが自慢」と誇らしげに話す。

 両親が転勤族で、転居の度に周囲に支えられた経験から「人とのつながり」を大切にしてきた。大学生の頃からボランティアを始め、20年前に都筑区に来てからも加賀原地域ケアプラザでデイサービスの補助などの地域活動に尽力。震災の半年後には市社協のツアーに参加し、岩手県釜石市へがれきの処理に向かった。「被災者に喜んでほしくて」現地に赴いたが、想像を超える惨状に言葉を失った。何とか絞り出した言葉は「皆も被災地に行ってほしい」。

 それを機に、自身が代表を務める地域ボランティア団体「つづき楽校」の活動の中で復興支援を開始。現在は同じ志を持つ団体「芽吹きの会」と共同で結成した同法人「結ぶ」で活動を継続する。

 被災地の訪問や、放射能を気にせず遊んでもらうために会津など被災地の子どもを横浜に招待するのが主な活動。「『忘れられたくない』が被災者の心情。私たちは忘れないよと伝え続ける」。交流で親しくなった被災者から「親戚以上の存在。私も頑張らなくちゃと前向きになった」と言われ、自分たちの思いが確かに届いていると実感した。

 協賛金を募るため、30社以上を訪問。門前払いされる覚悟だったが、応援してくれる企業も多かった。被災者と都筑区民だけでなく、区民同士の絆を結ぶきっかけ作りも担う。「継続が一番大事。私が元気なうちは続けます」と被災地に真っ直ぐな目を向ける。

都筑区版のローカルニュース最新6

跡地利用案に意見募集

根岸住宅地区

跡地利用案に意見募集 社会

市大附属2病院の移転先候補に

10月29日号

ゆずが母校・岡中でライブ

ゆずが母校・岡中でライブ 文化

「青春と思い出がつまった場所」

10月29日号

菊通じ地域交流

菊通じ地域交流 文化

展覧会に向け準備進む

10月29日号

二輪車事故の講習会

二輪車事故の講習会 社会

白バイ隊が指導

10月29日号

広告できるマスク開発

メイドインつづき企業タッグ

広告できるマスク開発 社会

10月29日号

都筑、深まる秋

都筑、深まる秋 文化

まちの様子をリポート

10月29日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月29日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第3回「黒い点が飛んで見えますが大丈夫?」

    10月29日号

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期〜昭和の北山田から 第58回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

    10月29日号

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期〜昭和の北山田から 第57回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全(おまた)冨雄(『望郷』から引用)

    10月22日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月29日号

お問い合わせ

外部リンク