都筑区版 掲載号:2016年3月3日号 エリアトップへ

ボランティアで腹話術の公演を行って850回を超えた キャサリン野村さん (本名 野村 佳子さん)青葉区在住

掲載号:2016年3月3日号

  • LINE
  • hatena

「夢は1000回公演」

 ○…横浜北部を中心に地域イベントや老人ホームなどで腹話術を披露して回る。1月30日の「つづき人交流フェスタ2016」での出演がちょうど850回目の舞台だった。相方はやんちゃなケンタくんやおしとやかなサクラちゃん、動物の人形など計10体以上。客層に合わせてネタを変え、歌やマジック、観客との掛け合いで見る人を引き込む。「舞台から見るお客さんの笑顔が宝物。もっと腹話術の楽しさを伝えたい」

 ○…中学時代、内気な自分を変えたいと演劇を始め打ち込んだが、両親の反対で一度はその道を諦めた。ピアノの演奏指導や日本語講師をしながらも、演じることの楽しさを忘れられずにいた15年前のある日、テレビでいっこく堂を見て「これだ!」とひらめいた。教室に通い、声がかれるまで練習を重ねた結果、2年という早さで憧れのいっこく堂と同じラスベガスの世界大会に出場を果たす。「真面目だったり意地悪だったり、人にはいろんな一面がある。めいっぱい感情を出せる舞台上が一番素の状態なんです」とはにかむ。

 ○…「私、あの時一度死んだと思っていて」。物心つく前からピアノに触れていた。東京音楽大学を首席で卒業し、ピアニストの夢に向かって歩み出した最中、「医師の誤診で」右腕が動かなくなった。一時は切断とも言われ、目の前が真っ暗に。幸い回復したが、心境には大きな変化が生まれた。「それまで自分のことばかりだった。人のためにできることをしようと決めた」。ボランティアで各地を巡るのはそれがゆえんだ。依頼はほとんど断らず、必要としてくれる人のところへ笑顔を届けに行く。

 ○…公演は月に8回ほど。腹話術が好きだから苦に感じたことはないという。気分転換は最近始めたタップダンスだ。「ピアノや演劇など、人生のすべてが腹話術につながっている。目標は1000回公演。喜んでくれる人のためにこれからも続けたい」
 

都筑区版の人物風土記最新6

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

中区在住 60歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

神谷 百さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百さん

高山在住 19歳

5月5日号

平田 釉莉(ゆうり)さん

8月に行われるバトントワーリングの世界大会日本代表に選ばれた

平田 釉莉(ゆうり)さん

港北区在住 16歳

4月28日号

加藤 幹典さん

元プロ野球選手として各地で野球教室を開き、小中学生に指導する

加藤 幹典さん

緑区出身 川和高校卒 36歳

4月21日号

らんま先生 さん(本名:石渡学)

「ecoサイエンスステージ」が好評を博し、全国でステージを披露する

らんま先生 さん(本名:石渡学)

青葉区在住 50歳

4月14日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook