都筑区版 掲載号:2016年3月10日号 エリアトップへ

市外部監査 コミハ有料化求める 「不公平感の是正」指摘

社会

掲載号:2016年3月10日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市の包括外部監査人による2015年度の監査結果が2月23日に公表され、この中で現在は無料で使用できるコミュニティハウス(コミハ)に関し「有料化を図ることが必要」との意見が出た。有料の地区センターとの機能差が少なく、不公平感があることなどが理由で、市は有料化を「精査したい」とする。

 包括外部監査は、民間の専門家が市の財務事務などについて監査を行うもの。監査結果には、監査人から市による措置が必要な「指摘」や改善を求める「意見」が付けられる。

 毎年、監査人がテーマを決めており、15年度は公有財産の管理、運営について監査され、公共施設の中からコミハや地区センターなどを取り上げた。

 コミハは地域住民がレクリエーション活動などを通して交流を図る拠点。会議室や学習室、調理コーナーなどからなり、無料で使用できる。中学校区程度に1カ所設置する基準で、コミハ単独の施設と小中学校内に設けられたものを合わせ、市内に116カ所ある。

 市は、小中学校を市民の活動の場とする「コミュニティスクール」がコミハの発端で、地域活動や課題解決のための拠点として重要性が高いとの考えから無料にしている。一方、コミハと似た機能を持つ地区センターは、類似の民間施設の使用料とのバランスを考慮し、原則団体利用の場合は有料(個人は無料)だ。例えば、面積50平方メートル以下の会議室は1時間230円が料金上限額と定められている。

整理統合の意見も

 監査報告書では「利用者も両者を意識的に区別して利用しているとは思われない」とした上で、不公平感是正のためにも「(コミハは)早期有料化が必要」との意見を付けた。さらに、市計画から大幅に遅延するコミハ整備を受け、財政状況も考慮し、機能的に類似性の高い地区センターとの統合や一体的な運用を前提とした整備計画作成を求める意見も出た。

 市内地区センターを利用する市民団体は「近くにコミハがなく不公平感はある。借りるのに利用者が負担するのは自然なことだと思う」との見方を示した。地区センターなどを管轄する市民局地域施設課の担当者は「地区センターとコミハは、設置目的が違うが、精査していく」と話している。

都筑区版のトップニュース最新6

色々な「かお」楽しんで

色々な「かお」楽しんで 社会

ママカメラマンの写真展

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

商店街イベントいよいよ

商店街イベントいよいよ 経済

コロナ禍で3年ぶりも

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

SDGs推進「バナナで」

SDGs推進「バナナで」 社会

有志がプロジェクト発足

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook