都筑区版 掲載号:2016年3月17日号 エリアトップへ

区内初 「農園付公園」誕生へ 大棚町に4月オープン

社会

掲載号:2016年3月17日号

  • LINE
  • hatena
貸し出される分区園の予定地
貸し出される分区園の予定地

 農とふれあう場づくりを目的に、横浜市は都筑区内で初となる農園付公園、大棚杉の森ふれあい公園(大棚町534)を整備している。開園は4月1日を予定。

 農園付公園は、市が緑を保全するために進めている「横浜みどりアップ計画」の一環で整備されるもの。これまで市内4カ所に開園し、今年度は大棚杉の森ふれあい公園を含む2カ所で整備を進めている。

 大棚杉の森ふれあい公園の面積は9763平方メートル。施設内には分区園(貸し農園)のほか、広場や倉庫、公園内を通り抜けられる樹林などが設置され、農園使用者以外も利用可能だ。分区園は個人向け(1区画10平方メートルまたは15平方メートル)、団体向け(40平方メートル)合わせて38区画が用意され、区民に1年間貸し出される。応募は1月末に締め切られ、定員に達しているが、地域住民向けに農体験イベントを企画する見通し。

 分区園では、利用者が自由に作物や植物を栽培することが可能。市指定管理者である(株)田澤園(南区)が利用者に対し農具の貸し出しや、野菜作りに関する講習会を実施してサポートしていく。

 田澤園の岩崎友理さんは「開園してみないとわからないが、地元の方々とともに盛り上げられるような企画をしたい」と話している。

 「横浜みどりアップ計画」では2014年度から2018年度までの期間に7・1haの農園付公園の整備を予定しており、今年度で3・2haの整備が完了する見込み。市環境創造局担当者は「農園付公園は市内に偏りがないよう設置していく。バランスを見て、今後も区内での公園の設置も検討している」と話す。
 

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

25周年、各地で祝う

都筑区制

25周年、各地で祝う 社会

記念式典に約300人

11月14日号

県内不足数、3万人超

看護職員

県内不足数、3万人超 社会

厚労省が2025年推計公表

11月14日号

「ららぽ」に子育て支援拠点

「ららぽ」に子育て支援拠点 教育

5日から利用開始

11月7日号

内水氾濫に備え、下水強化

横浜市

内水氾濫に備え、下水強化 社会

多面的に対策推進

11月7日号

いじめ認知件数、過去最多

公立小中学校

いじめ認知件数、過去最多 教育

市調査で前年比2割増

10月31日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ 社会

本日から利用スタート

10月31日号

「オクトーバーフェスト」開催

中川駅前商業地区振興会

「オクトーバーフェスト」開催 社会

恒例行事の運営を一新

10月24日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月14日0:00更新

  • 11月7日0:00更新

  • 10月31日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月14日号

お問い合わせ

外部リンク