都筑区版 掲載号:2016年4月7日号 エリアトップへ

創立10周年を迎えた日々輝学園高等学校横浜校校長を務める 森田 真さん 東京都在住 63歳

掲載号:2016年4月7日号

  • LINE
  • hatena

「白鳥蘆花(ろか)に入る」

 ○…この春も118人の新入生を迎え、約400人が仲町台の学び舎に通う。中には中学時代に様々な理由で学校に通えなかったり、学業に悩みを持っていたりする生徒もいる。先月、港北公会堂で行われた創立10周年記念イベントは、その子どもたちが躍動。生徒自身が司会進行を担い、演劇やバンド演奏も披露した。「入学時とは見違えるほど生き生きしていた。成長を感じる」と優しく微笑む。

 ○…校長になり4年目。横浜市立中学の定年退職間際、定時制の同学園から声がかかった。「これまで悩みを抱える生徒と向き合えただろうか」と自らに問いかけた上で、後悔のない教師人生を全うしようと就任を決意。普段は一歩離れて生徒を見守り、時に膝を突き合わせて苦悩を受け止めてきた。先月、入学から見守ってきた生徒が初めて卒業式を迎えた。3年間を涙ながらに振り返る姿が誇らしかったという。「皆自分の殻を破ろうとする子たち。心の強さに私も学ばされた」

 ○…大学生の時、養護施設の学習支援サークルで小中学生に勉強を教える中で「子どもと接するのも悪くないな」と教師を志した。市内で教鞭を取り39年。「黙っていられない」性格で、若い頃は先輩教師の言い分に食ってかかったことも。「今は静かになったよ」と冗談めかすが、教育のこととなると今でも熱血教師の面影をのぞかせる。

 ○…高校時代に打ち込んだラグビーはまだまだ現役。月に一度仲間とともに汗を流す。座右の銘の「白鳥蘆花(ろか)に入る」は、喘息で学校を休みがちだった幼少期、母が買ってくれた小説にあった言葉。「例え姿は見えなくても、研鑽を積めばその功績は人知れず残る」という意味で、担任時代の学級目標に掲げ、自身にも言い聞かせてきた。蘆(あし)の花に紛れ姿の見えない白鳥は、学園の子どもたちとどこか重なる。「学校は通過点。ここで次のステップの準備をして未来に羽ばたいてほしい」と背中を押す。
 

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の人物風土記最新6

日野 正胤さん

勝田山 最乗寺でカルチャー教室を企画する僧侶の

日野 正胤さん

勝田町在住 44歳

10月17日号

瀬戸 勇さん

「地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2019」を受賞した

瀬戸 勇さん

横浜市消防局在勤 40歳

10月3日号

山根 越夫さん

認知症の妻の介護体験談を区内各所で語る

山根 越夫さん

葛が谷在住 70歳

9月26日号

澁谷 正明さん

みなもブロックを製作した第一フォーム(株)の代表を務める

澁谷 正明さん

都筑区在勤 52歳

9月19日号

大嶋 亜季さん

自身初となるワンマンライブを開催した

大嶋 亜季さん

中川中央在住 23歳

9月12日号

伊坂 重憲さん

県内の遊技場業者らで構成される神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

神奈川区在勤 69歳

9月5日号

山本 あづみさん

31日に開催される中川つながりフォト&シネマの発起人

山本 あづみさん

中川在住 37歳

8月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月26日0:00更新

  • 9月19日0:00更新

  • 9月12日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月17日号

お問い合わせ

外部リンク