都筑区版 掲載号:2016年5月19日号
  • LINE
  • hatena

水面に浮かぶ風物詩 新栄町 せせらぎ公園

文化

 せせらぎ公園(新栄町)の睡蓮が今年もシーズンを迎えた。カルガモの親子と共演し、見物客を楽しませている=写真(14日撮影)。

 池の大部分を覆う睡蓮は、例年5月末に見頃を迎える。今年は気温が高かったためかゴールデンウィーク明けから開花し始め、現在は紅白2色の睡蓮が池に彩りを添えている。天候にもよるが7月末から8月上旬まで花の時期が続く見通しだという。

 その葉の間を縫うように水面を泳ぐのがカルガモの親子だ。親ガモの後について8羽のヒナが泳ぎ、餌を探す姿を見ようと人だかりができていた。よく散歩に訪れるという仲町台在住の二階堂隆さんは「この時期は毎年見に来る。何回見てもかわいいね」と話した。

都筑区版のローカルニュース最新6件

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年11月29日号

お問い合わせ

外部リンク