都筑区版 掲載号:2016年6月23日号 エリアトップへ

ウォーキングポイント事業 18歳以上へ対象拡大 ウェブ申し込みも可能に

スポーツ

掲載号:2016年6月23日号

  • LINE
  • hatena
参加を呼びかける市職員
参加を呼びかける市職員

 歩数に応じてポイントが貯まり、抽選で商品券があたる「よこはまウォーキングポイント事業」。6月から対象年齢がこれまでの40歳以上から18歳以上に拡大、また6月9日からはウェブ上での申し込みが可能になった。

 市民が楽しみながら取り組むことができる健康づくりとして2014年11月に始まった「よこはまウォーキングポイント事業」。現在17万人弱が参加登録をしている。年齢拡大により対象者数はこれまでの214万人から303万人に増える。市はこれに伴う環境整備として6月9日からウェブ上での参加申込みを開始。利便性を向上し、更なる参加者増を見込む。

 市民の健康意識の高さに加え、ポイントや抽選といったゲーム性が受け、事業開始当初から参加者は増えてきた。しかし、15年度に実施したアンケートで参加者の内訳をみると、65歳から79歳が半分以上を占め、また高齢化率の高い区の参加率が高いなど、地域や年代でかなり開きがあるのが実情。「健康寿命日本一」を目指すためにも、幅広い世代へのPRや地域性を踏まえた対策が検討されていた。

 こうした中、国の調査で20歳代から30歳代の運動習慣の低下が指摘されていることや、市内の事業所からの「年齢で区切らず、職場一体で取り組みたい」という声などを勘案し、今回の対象拡大に至った。今後、若年層や子育て世代を取り込み、健康寿命の延伸に向け、早くから自分の体に関心を持ってもらうよう事業の浸透を進めていく考え。

継続参加が課題

 参加者には無料で歩数計が提供(送料は負担)され、それを持って歩き、市内1050カ所にある専用読み取り機に歩数計をのせるとポイント獲得や自身の歩行データ確認ができる。

 しかし、読み取り機の利用の継続割合(毎月利用)は期間が長くなるほど減少傾向で、6カ月後には5割程度となっている。機械の設置場所に行かない人でも7割以上が歩数計を使用しているというデータもあるが、継続利用は課題の一つだ。市は「継続参加への取り組みは検討している。機械にのせることが全てではなく、歩数計を活用して運動習慣を身に付けてもらうことが重要。その意味で今後もこの事業が良いきっかけになれば」と話した。

都筑区版のトップニュース最新6

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

安心・安全で賑わいを

新春区長インタビュー

安心・安全で賑わいを 社会

新たな取組、事業語る

1月13日号

温かさ届け、最後の発行

小川さんの「ゆうこ新聞」

温かさ届け、最後の発行 社会

難病・障害者を支え11年

1月6日号

「第6波の備え進める」

山中市長インタビュー

「第6波の備え進める」 政治

感染症・経済対策強化へ

1月1日号

今月、待望の着工へ

都筑区民文化センター

今月、待望の着工へ 文化

24年度の開館めざす

1月1日号

区内で火事増加

区内で火事増加 社会

住宅防火呼びかける

12月23日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook