都筑区版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

庁舎駐車場に「災害用トイレ」 工藤建設(株)が寄贈

社会

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena
お披露目式に参加した村田会長(右)と工藤会長(中央)、畑澤区長=区役所提供
お披露目式に参加した村田会長(右)と工藤会長(中央)、畑澤区長=区役所提供

 都筑区総合庁舎駐車場で21日、災害用トイレシステム(4基1セット)のお披露目式が行われた。青葉区新石川に本社を構える工藤建設(株)(工藤英司代表取締役)が創業50周年を記念して都筑区と青葉区に寄贈。

 横浜市内では初の井戸水を利用した水洗式で、災害時にはトイレユニットとテントを設置して使用される予定だ。

 トイレは工藤代表と旧知の仲である(株)井戸屋(茅ヶ崎市)が開発した災害用トイレシステム「イドテック・トイレ」。組み立て式の構造で、女性2人でも設営は10分から15分程度だという。地下水を汲み上げるため断水時でも使用できる。また、避難所などでプライバシーを確保するためにテントで囲われているのも特徴的だ。県内では3カ所目の設置。

 お披露目式には同社の工藤次郎会長や区連合町内会自治会の村田輝雄会長、畑澤健一区長ら40人が参加。工藤会長はあいさつで、東日本大震災時に簡易トイレを被災地に設置した自身の経験などに触れ「熊本などの被災地ではトイレに苦慮している人もいるので(災害時のために)寄贈を考えた」と話した。

 都筑区役所総合庁舎内には、帰宅困難者を受け入れる都筑公会堂やボランティアセンターを設営する都筑図書館もあり、災害時の要所となる。畑澤区長は感謝を述べた上で「区役所に設置される災害対策本部や仮設救護所の運営に必要な設備となる。いざという時に活用させていただきたい」と話した。

都筑区版のローカルニュース最新6

古着リサイクルに関心

古着リサイクルに関心 社会

都筑小児童がH&M訪問

1月20日号

「子どもに楽しみ贈りたい」

地元不動産会社

「子どもに楽しみ贈りたい」 社会

年末にライトアップ企画

1月20日号

地域SNSで情報交換

地域SNSで情報交換 社会

区役所とピアッザが連携

1月20日号

正覚寺に永代供養墓

正覚寺に永代供養墓 文化

住職、世話人が開眼法要

1月20日号

整備計画の在り方は

市立特別支援学校

整備計画の在り方は 社会

「当事者抜きにしないで」

1月20日号

区内の交通安全願う

区内の交通安全願う 社会

淡島社で祈願祭

1月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook