都筑区版 掲載号:2016年6月30日号 エリアトップへ

関東大会5000競歩 臼井さん(中大附属横浜高)が初V インターハイ出場決定

スポーツ

掲載号:2016年6月30日号

  • LINE
  • hatena
初の金メダルを手に笑顔の臼井さん
初の金メダルを手に笑顔の臼井さん

 中央大学附属横浜高校(袴田兆彦校長)=牛久保東=の臼井優さん(陸上部・3年)が6月17日の関東大会(南関東地区予選会)女子5000m競歩で初優勝した。高校総体(インターハイ)の予選も兼ねており、7月末の全国大会の切符も同時に手にした。

 駒沢オリンピック公園総合運動場(東京都)で行われた南関東地区予選会には神奈川、千葉、山梨、東京の1都3県から16人が参加。上位4人が夏のインターハイ出場権を獲得する「全国行き」がかかったレース。

 臼井さんは「今回は全国にかける思いが強かった」。昨年の関東大会では、7位と全国行きを逃している。大会に向け鉄分不足から生じる貧血解消のため、5月から食事を改善。ほうれん草やひじき、レバー、赤身肉など母親特製の貧血解消メニューで体調を整えた。

 当日は炎天下で、レースは午後スタート。臼井さんは序盤から先頭集団をキープしていた。後半ラスト500mでスパートをかける展開を想定していたという。

3000mを過ぎても先頭を維持。「ライバルも息切れしてハァハァしていた」。残り約1000m前、1位に躍り出て25分42秒01で初優勝した。準優勝選手に22秒差をつけた会心の試合運びだった。「昨年は悔しい思いをした。優勝を目指していたので嬉しい」と満面の笑みで大会を振り返る。

「部員の応援」力に

 関東大会前日と当日にサプライズがあった。16日には同部の山本真由さん(2年)が一針一針縫ったお守りを後輩からもらった。お守りは、同部の1年生が大塚・歳勝土遺跡公園で探した「四つ葉のクローバー」が入っているものだった。

 さらに、長距離チームの同級生や後輩、約20人が試合当日の会場に応援団として集結。中央の「C」、「臼井先輩 ファイト!」の文字を中心に部員の激励メッセージが書かれた応援旗が臼井さんにプレゼントされた。「試合前に泣きそうになった」と臼井さん。応援団はレース中も「ゴーゴー、レッツゴー、臼井」と掛け声で励まし続けた。部員とフラッグを発案した江里口翔真さん(2年)は「先輩のために、日本代表のようなイメージで旗を作った。(優勝に)感激して泣いちゃいました。自分もこういう舞台に立ちたい」と話す。

 臼井さんは、岡山県での全国大会に向け「走り込み、歩き込みをして体力をつける。入賞したい」と初の夢舞台に挑戦する。

プレゼントされた応援旗=陸上部提供
プレゼントされた応援旗=陸上部提供

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

夢の端材寄付に感謝状

つづき区民交流協会

夢の端材寄付に感謝状 社会

ダンボールの大幸紙工へ

1月27日号

市から「予報」発信なし

トンガ噴火津波情報

市から「予報」発信なし 社会

防災Eメールの対象外

1月27日号

散歩道づくりが選考通過

中川地区

散歩道づくりが選考通過 文化

今春から緑のまちづくりへ

1月20日号

無料公演で支援呼びかけ

劇団かかし座

無料公演で支援呼びかけ 社会

存続危機にクラファン

1月20日号

3回目接種を前倒し

横浜市

3回目接種を前倒し 社会

65歳以上、3月末完了へ

1月13日号

安心・安全で賑わいを

新春区長インタビュー

安心・安全で賑わいを 社会

新たな取組、事業語る

1月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第19回『瞼(まぶた)が下がって重くて困っています』

    1月27日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook