都筑区版 掲載号:2016年9月8日号 エリアトップへ

基準値超え指定廃棄物 年度内に区内6校も移管 鶴見区の汚泥センターへ

教育

掲載号:2016年9月8日号

  • LINE
  • hatena

 横浜市は8月29日、福島第一原子力発電所の事故に起因する一定の基準値を超えた、放射性物質を含む指定廃棄物(※)を今年度中に北部汚泥資源化センター(鶴見区)へ移管することを決めた。同廃棄物は市内の公立17校の敷地内に保管されており、区内では市内最多の6校に未だ置かれている。

 区内の保管校は南山田小、都筑小、東山田小、茅ケ崎東小、東山田中、早渕中の6カ所。指定廃棄物は、校舎に降った雨水をトイレの洗浄水として再利用する「雨水利用施設」に溜まった汚泥で、ドラム缶の中に保管されている。原発事故後、5年以上が経過した今も、市内18区のうち、7区の公立小中学校と1区の特別支援学校に合計約3t分あるのが実情だ。

 市は6月下旬の市放射線対策本部会議で「学校以外の保管場所を選定するにあたっての確認事項」について話し合い、候補地選定の6条件を示していた。先月29日の同会議で鶴見区の北部汚泥資源化センターを移管先に決定した。

 約3tの指定廃棄物のほか、市立26校にある汚泥約7t、保育園などで発生したマイクロスポットの土壌も搬出。市は今後、保管庫を新設した上で、学校の冬休みか春休みを利用して、今年度内に指定廃棄物などの搬出作業を行う。新設される保管庫は床面積約100平方メートルの平屋建てで、高さ約3・6m程、地震や津波の影響を考慮した建物になる。

 指定廃棄物を学校で保管している自治体は、全国で横浜のみ。同廃棄物はそもそも、国が責任を持って処理を行うとされているが、最終処分場のめどが立たず学校での保管が長期化していた。市教育委員会事務局は移管に関わる費用について「国や東電に費用負担を求める」としている。

 学校外への移管を市に訴えてきた市民団体、学校・保育園の放射能対策横浜の会(樋口敦子共同代表)は「2年前から声を上げてきた。搬出先が決まって、すっきりした」と話した。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6

街から海ごみゼロ目指す

街から海ごみゼロ目指す 社会

つづきSDGsかあちゃんズ

10月14日号

無料の食品配布会

無料の食品配布会 社会

女性と子向け 事前予約制

10月14日号

「得意の3Pシュートに注目を」

「得意の3Pシュートに注目を」 スポーツ

選手インタビュー【4】レイトン・ハモンズ

10月14日号

Webで合同面接会

Webで合同面接会 経済

市企画、10月22日

10月14日号

緑色で難病啓発

緑色で難病啓発 社会

アジア初のライトアップ

10月14日号

駅直結シニア住宅開業へ

駅直結シニア住宅開業へ 社会

新綱島で2023年秋

10月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「前進」テーマに公演

和太鼓

「前進」テーマに公演

11月6日 都筑公会堂で

11月6日~11月6日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook