都筑区版 掲載号:2016年9月29日号 エリアトップへ

基準地価 区内変動率 住宅地、上昇幅が縮小 市平均、若干上回る

経済

掲載号:2016年9月29日号

  • LINE
  • hatena

 県は21日、今年7月1日時点での県内921地点の基準地価格を公表した。都筑区内は全用途で価格がほぼ上昇。住宅地の平均変動率はプラス1・3%(前年2・2%)で、市平均の0・9%を若干上回っていることが分かった。

 区内では今回、住宅地14、商業地2、工業地2カ所の計16地点で調査された。基準地価は、不動産鑑定士が土地1平方メートルあたりの基準地の評価額を算定したもので、土地取引の指標に利用される。

最高地点は荏田東

 区内住宅地14地点では、2カ所を除き変動率が上昇した。最高地点は「荏田東1丁目5番13」のプラス2・1%。次に「茅ケ崎東2丁目10番4」が同1・9%、続いて「早渕1丁目37番11(同1・8%)」、「平台7番10(同1・7%)」、「南山田2丁目28番40(同1・6%)」の上昇幅が目立った。

 一方、基準地価格を見てみると、区内平均価格は23万2100円で、横浜市平均の22万円より高いことが分かる。最高価格は「荏田東1丁目」の29万2千円。次いで「中川7丁目」が28万3千円、「牛久保1丁目」の27万2千円などが続く。市営地下鉄センター南駅、北駅徒歩圏内の住宅地が区内では高額で取引されていることが伺える。

 そのほか、大棚町と池辺町の変動率に動きはなく価格も市平均より低く、横ばいで推移している。

「セン北」商業地も微増

 センター北駅前のショッピングモール激戦区、商業地「中川中央1丁目」の変動率は2・0%と微増、市平均の2・5%を下回る上昇幅となった。また、「茅ケ崎南5丁目」は1・3%のプラス。区内の基準地価について高橋住宅センター(株)(牛久保東)の不動産コンサルタントを務める高橋満常務取締役は「センター北、南駅周辺は依然として人気のエリア。土地需要は多いので、価格も堅調に推移するのでは」と分析している。
 

都筑区版のトップニュース最新6

首都圏で「幸福度」2位

都筑区

首都圏で「幸福度」2位 社会

大東建託ランキング調査

9月16日号

認知症当事者「希望」語る

認知症当事者「希望」語る 社会

「自分らしく地域貢献を」

9月16日号

「停滞、閉塞感打破したい」

「停滞、閉塞感打破したい」 政治

山中新市長に聞く

9月9日号

ワクチン接種に積極的

女性がん患者

ワクチン接種に積極的 社会

区内団体の調査で明らかに

9月9日号

初の「空き家条例」施行

横浜市

初の「空き家条例」施行 社会

罰則なし 効果に疑問も

9月2日号

全中水泳2冠の快挙

川和中女子チーム

全中水泳2冠の快挙 スポーツ

フリー、メドレーリレーで

9月2日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

  • 3月11日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook