都筑区版 掲載号:2016年11月24日号 エリアトップへ

長谷川さん(東方町在住)に大臣賞 地域の美化・緑化に貢献

社会

掲載号:2016年11月24日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手に笑顔の長谷川さん
賞状を手に笑顔の長谷川さん

連合町内会自治会長など歴任

 都市緑化功労者として、都筑区連合町内会自治会の2代目会長を務めた、長谷川秀男さん(86・東方町)が国土交通大臣から表彰された。先月28日に都内で表彰式に出席した長谷川さんは「ありがたいこと。皆さんの代表としていただいてきました」と喜びを語る。

 同表彰は、都市における緑化の推進や緑地の保全、都市公園の整備等に顕著な功績のある個人や団体を国土交通大臣が表彰するもの。今年は25人・4団体に贈られ、県内では長谷川さんが唯一の受賞者だった。

 長谷川さんは町内会活動のほか、美化活動についても精力的に行ってきた。1978年から東方公園などの愛護会長に就任。除草や清掃を実施してきた。さらに、各公園の愛護会を統括する都筑区公園愛護会の会長も兼任し、育てた花を区内公園に配布して都市緑化の普及にも励んできた。

 また、長谷川さんは区の南部を走る江川せせらぎ緑道の整備にも尽力。江川は農業用水路として使われてきたが、急速な都市化に伴い水質が悪化していたため、1980年頃、長谷川さんを中心に地元有志が保全に立ち上がり、清掃や花壇の整備などの美化活動に取り組んできた。

 水質は近隣に都筑水再生センターができたことで改善。85年頃には市に呼びかけて川辺にソメイヨシノを約200本植樹したほか、町内会や周辺企業などと協力し、毎年チューリップなどの植栽を実施。今では春に満開の花が咲き誇る区の名所として定着している。

 都筑土木事務所は表彰について「緑化だけでなく、活動を通して地域のつながりを深めたことが要因では」と話している。長谷川さんは「これからも愛護会活動に参加して、皆さんの役に立てれば」と笑顔で話した。

18年前の江川(上)と、現在の江川(2014年撮影)
18年前の江川(上)と、現在の江川(2014年撮影)

ゴルザール カーペット

ペルシャ絨毯&ギャッベ 新入荷、冬のバーゲン 30~60%オフ

https://rarea.events/event/99983

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

子ども食堂へ継続支援を

子ども食堂へ継続支援を 社会

キッズフォレの園長ら運営

11月25日号

セン南ピアノコンサート

12月1日

セン南ピアノコンサート 文化

ひと足早いクリスマス

11月25日号

起業家と地域結ぶ場に

まちなかbizつづき

起業家と地域結ぶ場に 経済

28日、センター北に拠点

11月18日号

存続かけてクラファン

劇団かかし座

存続かけてクラファン 文化

コロナ禍で大きな打撃

11月18日号

25日からオンライン中心

クリスマスマーケット

25日からオンライン中心 文化

ドイツ文化を楽しむ1カ月

11月11日号

IR推進費、11月清算へ

横浜市

IR推進費、11月清算へ 政治

8割執行見込も減額調整

11月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook