都筑区版 掲載号:2017年5月4日号
  • googleplus
  • LINE

ガチチョコ! 都筑から4店舗出場 全52店が横浜NO.1競う

経済

左上から時計回りにAsuta Cafe、パティスリー シュクレ、ラ・メゾン、パリジェンヌ
左上から時計回りにAsuta Cafe、パティスリー シュクレ、ラ・メゾン、パリジェンヌ

 横浜市内商店街のチョコスイーツナンバーワンを決める「ガチチョコ!」のエントリー商品がこのほど発表された。市内各地から全52店が名乗りを上げ、都筑区からは4店舗が出場。6月解禁の市民投票で入賞を競う。

 (一社)横浜市商店街総連合会主催の企画「ガチ!」シリーズは今年で7回目の開催。昨年の揚げ物をテーマにした「ガチあげ!」に続く今回はチョコレート味のスイーツが対象。ケーキやパン、パフェなど、各店が工夫を凝らした多彩な商品が一堂に会す。

人気メニューを夏仕様に

 近隣住民が集うAsuta Cafe(えだきん商店会・【電話】942・9600)は「ショコラdeパフェ」(税込540円)で勝負する。バニラアイスやコーンフレークを重ね、その上に看板メニューの濃厚ガトーショコラをトッピング。果肉がごろっと入った3種のベリーソースが爽やかな一品だ。「暑い日も美味しく食べられるよう考案しました」と同店の羽藤皓児さん(34)は自信をのぞかせる。

6種類の味を一口で

 幅広い世代に愛される街のケーキ屋さんを目指すパティスリー シュクレ(仲町台商業振興会・【電話】943・1608)は6種の異なるチョコをふんだんに使用した「ショコラ・ボヌール」(同400円)で参戦。チョコ好きの常連客のリクエストから生まれた同商品。阿部徹代表(50)は「このケーキをきっかけに、市内の方が仲町台という街を知るきっかけになってもらいたい」と力強く語る。

濃厚さとイチゴの共演

 今年でオープン1周年を迎えるラ・メゾン(センター北商業振興会・【電話】511・8245)は「いちごとアールグレイショコラのタルト」(同712円)でエントリー。香り漂う紅茶の生チョコやショコラクリームの濃厚な味と新鮮なイチゴやラズベリーの酸味が相性抜群。広報担当の廣瀬かほりさん(29)は「女性だけでなく、男性など幅広い方々にぜひ味わってほしい」と話す。

「がつっと召し上がれ」

 手作りパンとケーキの店 パリジェンヌ(えだきん商店会・【電話】941・7106)は「濃厚チョコスコーン」(2個入・同194円)で挑む。クーベルチュールチョコレートや刻んだホワイトチョコを練り込み、濃厚だが外はサクッと、中はフワッと軽やかに仕上げた。溶けないため食べやすく、日持ちするのもポイントだ。同店の児玉敦子さん(40)は「思いきりがつっと食べて下さい」と笑顔を見せる。

 「ガチチョコ!」は6月1日から7月31日まではがきやインターネットで投票可。金賞1点、銀賞3点、銅賞5点を表彰、5月末に商店街や区役所などでエントリーブックを配布予定。詳細は公式HP(http://www.gachichoco.com/)へ。
 

都筑区版のトップニュース最新6件

「横浜らしさ」を重視

新市庁舎商業施設

「横浜らしさ」を重視

1月11日号

答申提出で一歩前進

区民文化センター

答申提出で一歩前進

1月11日号

いのち輝く社会  実現を

黒岩知事インタビュー

いのち輝く社会 実現を

1月4日号

区運営方針「着実に進む」

国際競争力強化を加速

2624人が門出

都筑区の新成人

2624人が門出

1月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月11日号

お問い合わせ

外部リンク