都筑区版 掲載号:2017年5月11日号
  • googleplus
  • LINE

旧家で歴史的資料を発見 川和町の中山恒三郎邸

文化

資料を持つ中山健さん
資料を持つ中山健さん

 幕末から明治を生きた川和町の商人、中山恒三郎邸から数万点にも及ぶ歴史的資料が発見され先月28日、その一部が報道陣らに公開された。(公社)横浜市ふるさと歴史財団が主催。

 敷地内の書院や蔵からは村役場の古記録や酒屋の看板、陶器類など様々なものがダンボール約300箱分見つかった。

 菊の栽培や製糸工場、酒問屋など幅広い事業を展開していた中山家。資料の解読で、当時の市民の生活や行政などの歴史が明らかになるという。

 6代目当主の中山健さん(54)は「こんなに多くの資料があるなんて驚いた。地域の歴史研究に役立ててもらえれば」と話した。資料は全て同財団に寄贈され、調査研究員らが約10年かけて整理していく予定。
 

都筑区版のローカルニュース最新6件

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク