都筑区版 掲載号:2017年8月24日号 エリアトップへ

寄稿 認知症対策を推進 横浜市会議員 斉藤しんじ

掲載号:2017年8月24日号

  • LINE
  • hatena

 高齢化の進行に伴って認知症高齢者の数は今後も増加が続き、2025年には65歳以上の5人に1人が認知症を発症すると見込まれています。ひとり暮らしや高齢世帯も増えていく中で、認知症に気づかず症状が進行し、急な徘回などの行動の対応に苦慮することも少なくありません。

 認知症になっても尊厳を持って安全、安心に生活できるための施策の充実が望まれます。そこで、早期対応に向けた認知症施策についての必要性を議会の中でも繰り返し訴えてきました。

 横浜市でも様々な認知症対策に取り組んでいます。早期診断・早期対応に向けた専門職による初期集中支援チームによる支援、徘徊等により認知症の人が行方不明になった時にできるだけ早く家族の元に帰れるようにするための仕組みとして認知症高齢者等SOSネットワークの構築等に取り組んでいます。

 また、認知症の人や家族、地域住民等が気軽に集える認知症カフェや認知症サポーターの養成等への支援も行っています。

「集いの場」拡大へ

 認知症カフェでは、認知症の人や家族の場合は「同じ立場の人と話をしてみたい」や「利用できる制度の情報が欲しい」という声に応え、さらに地域の人や医療・介護などの仕事をしている人は「地域の中で認知症の人や家族を支援する人同士のつながりを作りたい」などを目的としています。

 先日、都筑区内の認知症&予防カフェの集いに参加しました。市民の誰もが、認知症の理解を高め、予防のための知識を得る場としても大変有意義な集いの場であると感じました。今後もこのような取り組みの拡大を期待しています。

公明党横浜市会議員団/斉藤しんじ

横浜市都筑区早渕1-2-7-106

TEL:045-590-5224

http://www.saito-shinji.jp

都筑区版の意見広告・議会報告最新6

横浜市財政ビジョンの策定

寄稿 156

横浜市財政ビジョンの策定

横浜市会議員 斉藤しんじ

5月26日号

「激動の国際情勢の中で、日本を守る」

「激動の国際情勢の中で、日本を守る」

衆議院議員 鈴木けいすけ×元参議院議員 あさお慶一郎

5月26日号

60歳以上の4回目接種がスタートコロナに罹患した経験からの対策を提言

第2回定例会が開会市民の命・健康・暮らしを守る

第2回定例会が開会市民の命・健康・暮らしを守る

横浜市会議員 望月 こうとく

5月19日号

令和4年度予算が成立

寄稿 155

令和4年度予算が成立

横浜市会議員 斉藤しんじ

4月28日号

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

自民党横浜市会議員団

横浜市の姉妹都市ウクライナ・オデーサ市との連帯

募金280万円をオデーサ市に国際送金

4月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook