都筑区版 掲載号:2017年9月14日号 エリアトップへ

15日に都筑警察署の一日警察署長を務める 渡辺 裕之さん 区内在住 61歳

掲載号:2017年9月14日号

  • LINE
  • hatena

拾い集める 平和への「夢」

 ○…今月21日から行われる「秋の全国交通安全運動」に先駆け、都筑警察署の一日署長に就任。15日は警察署付近で行われるパレードやキャンペーンに参加。区民として「落し物を届けたりして日頃から警察署にはお世話になっています。当日はまちの環境や安全について、区民の方に思いが届けばいい」と意気込む。

 〇…「ファイト・一発!」。このかけ声でお馴染みのテレビCMで見せた勇ましい姿に魅了された人も多いだろう。1980年のデビュー以降、数々の映画やドラマ、CMに出演しトップスターの道を駆け上がってきた。原点は7歳の時に始めたボーイスカウト。「レンジャーや救助訓練、ドラム演奏でパレードに出たりもしましたね」。また、生まれ育った茨城県水戸市は「正義感が強い地域性。(映画「オン・ザ・ロード」で)白バイ隊員の役でデビューしたのも縁がある」。還暦を過ぎた今もなお、第一線で活躍する心身の強さは、幼少期の様々な体験で培われたものだ。

 〇…ごみ拾いが毎朝の日課。「初めは健康のために緑道を走っていたんです。するとごみが多いことに気づいて、拾うようになった」。雨の日以外は毎朝、国道246号線付近を中心に走りながらごみを拾うこと約10年。道行く人に「ありがとう」「ご苦労様です」と声をかけられることや、別の場所でごみ拾いを続ける人との出会いもあった。「どんなごみでも、捨てられる前は誰かが夢を込めて作った物。だから『夢』を拾っているんです」

 〇…子どもが小さかった頃は荏田東のまんまるプレイパークやログハウスをよく訪れた。「仲町台の緑道やレストランにもよく行った。最近は孫と一緒にね」。都筑区は家族の思い出が溢れる場所だ。電子機器を通したコミュニケーションが増え、対人トラブルが増加する現代。「地域や人への愛着があれば平和になる」。地域活動でその思いを自ら体現していく。

都筑区版の人物風土記最新6

倉鹿野 巧さん

ウインドサーフィンのヨーロッパ選手権で上位に入賞した

倉鹿野 巧さん

折本町在住 21歳

5月26日号

高岡 俊之さん

4月1日に神奈川県弁護士会会長に就任した

高岡 俊之さん

中区在住 60歳

5月19日号

俵谷 香奈さん

第41回横浜開港祭の実行委員長を務める

俵谷 香奈さん

神奈川区在住 36歳

5月12日号

神谷 百さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百さん

高山在住 19歳

5月5日号

平田 釉莉(ゆうり)さん

8月に行われるバトントワーリングの世界大会日本代表に選ばれた

平田 釉莉(ゆうり)さん

港北区在住 16歳

4月28日号

加藤 幹典さん

元プロ野球選手として各地で野球教室を開き、小中学生に指導する

加藤 幹典さん

緑区出身 川和高校卒 36歳

4月21日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook