都筑区版 掲載号:2017年10月19日号 エリアトップへ

都筑警察署長に就任した 吉留 育宏さん 区内在住 59歳

掲載号:2017年10月19日号

  • LINE
  • hatena

信じた道に人生捧げる

 ○…先月の就任から約一カ月半。地元住民との交流を通じて区内の様子が見えてきた。「子どもや子育て世代だけではなく、製造業者や農家戸数も多いバランスのとれた地域」と印象を口にする。穏やかな街並みを眺めつつ、「振り込め詐欺や窃盗はいつ連続発生しても不思議ではない。震災をはじめとする自然災害対策の見直しや、行政との連携にも力を入れたい」と抱負を語る。

 〇…横須賀署を皮切りに、県内最大規模の大和署など様々な部署で勤務。6年前は、報道機関への情報公開などを主とする広報県民課の報道担当課長代理を務めた。新聞や週刊誌などあらゆるメディアの報道内容をチェックし、「どうしてこんな書き方をするのか」と疑問に思ったこともあったが、記者と意見交換を重ねるうち、取材の意図が次第にわかってきた。「それまで警察としての立場しか考えてなかった。多角的に捉える視野が広がった」。警察という組織をフラットな目で見る力は、地域と接する署長職でも生かされている。

 〇…生まれは兵庫県神戸市。自宅周辺をよく探検していた幼少期は近所の人から”風来坊”と呼ばれていたそう。大学卒業後、「何かに打ち込みたい」と警察官になることを決意した。「神奈川に来たのもそうだけど、警官になろうと思ったのは直感だった」。同じ事件は二つとしてなく、幅広い分野の捜査に没頭できるところが性に合い、気づけば30年以上。この年月が若かりし頃の直感が正しかったことを示している。

 〇…かつて全国トップクラスの少年野球チームで活躍した頃から大の野球ファンだ。「高校野球は甲子園よりも地方大会が好き」と表情を緩める。休みの日も毎朝欠かさず署を訪れては部下を励まし、合間を見つけてフィットネスクラブに通う日々。「現職である以上、24時間戦える気持ちと体にしないとね」。人々の安全と安心を守るために人生を捧げる。

都筑区版の人物風土記最新6

丸 りおなさん

女優・タレントで、移動支援アプリ「マイルート」のアンバサダーとして横浜の魅力を伝える

丸 りおなさん

横浜市在住 23歳

1月13日号

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

横浜市「成人の日」記念行事実行委員会の委員長を務める

齋藤 夕羽希(ゆうの)さん

青葉区在住 20歳

1月6日号

木村 洋太さん

(株)横浜DeNAベイスターズの社長として球団の舵を取る

木村 洋太さん

都筑区出身 39歳

1月1日号

臼井 彩子さん

マルシェコーディネーターとして黄金町でマルシェを開催する

臼井 彩子さん

都筑区在住 37歳

12月16日号

中村 元彦さん

(一社)神奈川県サッカー協会初の技術担当専任(現FAコーチ)を務める

中村 元彦さん

緑区在住 50歳

12月9日号

斉藤 俊文さん

コロナ禍でも障害者の雇用を守る合同会社源八の代表

斉藤 俊文さん

仲町台在勤 52歳

12月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook