都筑区版 掲載号:2017年10月19日号 エリアトップへ

都筑警察署 児童の声で防犯CD作成 パトカーなどで注意喚起

社会

掲載号:2017年10月19日号

  • LINE
  • hatena
CD製作に協力した小学生ら
CD製作に協力した小学生ら

 都筑警察署(吉留育宏署長)はこのほど、区内8小学校と協力し、防犯意識向上を地域住民へ促すCDを製作した。10月11日に茅ケ崎台小学校で開催された安全・安心まちづくり旬間出陣式でCDが発表され、この日から区内を巡回するパトカーなどで流されている。

 区内では現在、交通事故件数や振り込め詐欺被害が増加傾向にある。今年1月1日から9月30日時点の区内で発生した交通事故件数は477件で、昨年同月までの474件に対して3件増。また振り込め詐欺被害件数は今年の9月末時点で9件。昨年全体の1件に対し既に8件増えており、そのうち7件は60歳以上を狙ったものだという。

 こうした状況に同署は、多発する高齢者被害を阻止できることはないかと模索していた。

 そこで今まで同署のパトカー巡回時に、スピーカーから流していた防犯啓発CDに着目。高齢者の耳により届きやすく心に訴えかけるものにしようと、近隣児童の協力を仰ぐことにした。

「孫からのお願いです」

 CD制作には、区内8つの小学校(牛久保小、荏田南小、北山田小、すみれが丘小、茅ケ崎小、茅ケ崎台小、茅ケ崎東小、都田西小)から児童15人が参加。内容は大きく分けて2つあり、交通事故と振り込め詐欺への注意を促すものだ。振り込め詐欺CDには、区内で振り込め詐欺の被害が増えている現状や「振り込まない」「送らない」「手渡さない」の合言葉、最後には「孫からのお願いです」と収録され、同署は高齢者の意識向上に繋げたい考えだ。

 今回、録音に協力した茅ケ崎台小の九平将一さん(6年)と平野碧さん(6年)は「地域の防犯に関われて嬉しい。自分のまちだけでなく、幅広い場所で犯罪や事故がなくなってほしい」と地域の安全を願った。

 吉留署長は「子どもの声が地域に響くことで、高齢者の被害がなくなり、区内が明るくなることを期待している。今後も身近にいる人たちに防犯の声掛けをしていってほしい。製作に携わった子どもたちありがとう」と感謝の意を示した。

青パトでも運用

 出陣式には区内の自主防犯パトロール隊、全26団体のうち20団体が参加し、各隊の青色パトカーが集結した。都筑署のパトカーは早速、新しい啓発CDを流しながらパトロールに出動し、青パトも後に続いた。今後は区内巡回時に、同署のパトカーとスピーカー付きの青パトの一部でCDを流す予定。

 10年以上、地域防犯に携わってきた都筑区懇話会地域防犯パトロール隊の栗林一夫さんは「子どもの声は高齢者の耳に素直に入っていくはず。小学生含め、まちの人は皆、身近な警察官という意識をもち、周囲の方と交流しながら、安心安全な都筑になっていってほしい」と感想を述べた。

出動する青色防犯パトロール隊
出動する青色防犯パトロール隊

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

「市民の安全・安心支える」

「市民の安全・安心支える」 社会

林市長、新年度の思い語る

4月2日号

災害時等に備え改修終了

市歴史博物館

災害時等に備え改修終了 文化

4/1から再始動

3月26日号

ハマ弁を中学校「給食」に

横浜市

ハマ弁を中学校「給食」に 教育

3月末までに原案策定

3月26日号

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通

横浜市・首都高共同事業

待望の「北西線(ほくせいせん)」 22日開通 社会

3月21日号

都筑区に美容専門職大学

ミス・パリ・グループ

都筑区に美容専門職大学 教育

オンワード跡地 来春開学

3月19日号

2区1カ所に拡充へ

認知症疾患医療センター

2区1カ所に拡充へ 社会

当初予算案に盛り込む

3月19日号

あっとほーむデスク

  • 4月2日0:00更新

  • 3月26日0:00更新

  • 3月19日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月2日号

お問い合わせ

外部リンク