都筑区版 掲載号:2017年11月2日号
  • googleplus
  • LINE

牛久保東在住漆原さん(75) 人形作りに魅せられて 30作品以上 自宅で展示

文化

「お声があれば人形作り教室をやりたい」と漆原さん
「お声があれば人形作り教室をやりたい」と漆原さん
 牛久保東在住の漆原芳男さん(75)は今年7月から趣味で人形作りを始め、作りためた30体以上を今日2日から自宅ガレージで展示する。「妻以外に見てもらうのは初めて。沢山の方に見ていただきたい」と話す。

◇  ◇  ◇  ◇

 古布や木の板、新聞紙、リサイクルの子ども服といった材料で1m50cm前後の人形を作成する漆原さん。目つきが鋭い強面の男性、脚を組んでいる女性など個性は様々だ。「骨組みから作るとできて1日1体。同じ顔にならないように少しずつ変えているんです」と満足げに話す。

 漆原さんは長年勤めた小売業を60歳で定年退職して以降、舞台の裏方のボランティアなどを務めていたが、どこか寂しさを感じていたという。「あの頃は時間的・精神的・肉体的に熱中できるものがなかった」

 人形と出会ったのは6月末、妻との広島・瀬戸内旅行で立ち寄った瀬戸田の船着き場。ベンチに小柄な人形がずらりと並んでいる様に目を奪われた。聞けば観光客を和ませようと地元の主婦らが手作りしたという。その思いに感化され、「自分もやってみたい」とすぐに独学で作り始めた。

 今回の展示は、愛情込めた人形を発表しようと思い至ったと同時に、定年後の生活に戸惑う同世代へのメッセージが込められている。「手先が不器用な自分でもできた。何をしていいか分からない人は、人形作りをしてみては」と漆原さんは力を込める。展示場所は牛久保東1の3の3、午前10時〜午後4時まで公開。雨天の場合は中止。問い合わせは漆原さん【電話】045・591・2072。

都筑区版のトップニュース最新6件

インフラ整備に積極投資

市18年度予算案

インフラ整備に積極投資

2月15日号

混雑緩和策で6両化へ

市営地下鉄グリーンライン

混雑緩和策で6両化へ

2月15日号

「総量維持」に重点

次期緑の保全計画

「総量維持」に重点

2月8日号

セン南駅で旅券発給へ

横浜市

セン南駅で旅券発給へ

2月8日号

小学校給食の値上げ検討

横浜市教委

小学校給食の値上げ検討

2月1日号

障害者の外出サポート

都筑区社協

障害者の外出サポート

2月1日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク