都筑区版 掲載号:2017年11月9日号 エリアトップへ

(株)横浜都市みらい セン南駅前に演奏場整備 ライブで賑わい創出へ

文化

掲載号:2017年11月9日号

  • LINE
  • hatena
新スポットで演奏する神川さん(右)と石川さん
新スポットで演奏する神川さん(右)と石川さん

 区内で商業施設などを運営する(株)横浜都市みらい(安達哲郎代表取締役社長)=本社・荏田東=は、このほどセンター南駅出入口1付近に演奏活動などができる「ライブスポット」を整備した。スペースを無償で提供し、賑わいを創出することが目的で、試行期間を経て来年春の本格稼働を予定している。

 近隣に行政機関や商業施設などが集約し、1カ月当たりの乗降客数が区内最多の同駅。日中は若者や家族連れで賑わう一方、夜間は人通りが減る傾向にあった。

 この地域に根差す会社として貢献できないか――。同社はこのエリアを活性化する方法を模索。安達社長が日常的に見かけていた同駅前周辺のストリートミュージシャンらに着目した。

 駅前一帯は歩道にあたり、通行の妨げになる行為や、無許可のCDの販売は原則禁止されている。また、駅前のすきっぷ広場は規模が大きすぎるなどの理由から、気軽な演奏の場に適してはいなかった。そこで、自由な活動の場所を提供し、音楽で賑わいを創出しようと同社は昨年、プロジェクトを発足した。

 場所に選んだのは手つかずになっていた約150平方メートルの空き地。横浜市交通局が所有する区画だが、同社が借り受ける形で使用許可が下りた。整備に向け、社長自らストリートミュージシャンらに声をかけ、必要な設備を聞き取り。集まった意見を反映させ、スポット内には照明やコンセントを設置した。同社の福井郁雄課長は「騒音調査やフェンスの設置も行った。ルールを守っていただければ音楽の他、大道芸やマジックなどのライブも歓迎」と利用を呼びかける。

出演者からも好評

 10月21日から試行提供を開始。今月6日までに11組がパフォーマンスを行った。2日は都内を中心に活動する神川圭司さん、石川真理子さんが合同ライブを開催。神川さんは「重い機材を運んで来ても、場所によっては数分で帰らされることもある。スペースが確保されているのはいい」と話した。投げ銭やCD販売も可能なため、音楽仲間の間で早くも評判だという。

 使用可能時間は11時〜20時。1団体90分以内。今後は出演者のアンケートなどで改善点を探り、来年春の本格稼働に向けて準備していく。情報は【URL】http://mytsuzuki.com/で随時公開。予約、(問)は同社地域事業部【電話】045・943・2470

都筑区版のトップニュース最新6

20年の歩み記念誌に

都筑警察署

20年の歩み記念誌に 社会

テーマは“キャッチボール”

12月3日号

ピーク時の5分の1に

喫煙禁止地区過料処分

ピーク時の5分の1に 社会

マナー向上は依然課題

12月3日号

オンラインで初開催

クリスマスマーケット

オンラインで初開催 文化

12月25日までサイト開設

11月26日号

年度内に8年ぶり改定へ

横浜特別自治市大綱

年度内に8年ぶり改定へ 社会

市、引き続き国へ要望

11月26日号

防火ポスターで火の用心

都筑火災予防協会

防火ポスターで火の用心 社会

消防署若手ら奮闘

11月19日号

夏以降、増加傾向に

横浜市内自殺者

夏以降、増加傾向に 社会

市、若年層にネット活用

11月19日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

  • 11月5日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

今年は「つなぐ」テーマに

都筑太鼓

今年は「つなぐ」テーマに

コロナに負けず、31回公演

12月12日~12月12日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第5回「急性緑内障発作を起こしやすいと言われ心配です」

    11月26日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月3日号

お問い合わせ

外部リンク