都筑区版 掲載号:2017年11月23日号 エリアトップへ

「横浜北部おもちゃドクターの会」代表の 澤田 和彦さん 青葉区在住 71歳

掲載号:2017年11月23日号

  • LINE
  • hatena

子どもの笑顔が原動力

 ○…モーターが止まった鉄道模型、動かなくなったロボットや音が鳴らない人形。そんな壊れたおもちゃを子どもの目の前で修理する「おもちゃのびょういん」を、区内の地区センターなどで月1度「開院」する。地元有志ら約12人で行うこの地域貢献活動に、先月末は40件以上の持ち込みがあった。「おもちゃを大切にしてもらうきっかけになる。良い体験をさせてもらっているね」と微笑む。

 〇…知人の紹介で、約20年前におもちゃドクターを始めた。工学の知識や修理の腕よりも大切なのがコミュニケーション力だという。「おもちゃの扱い方から原因がわかることがある。『傾聴』が何より重要」。また、理化学に興味を持ってもらおうと修理中は「開けるね」「中を見てみるよ」と話しかけ、子どもの興味を誘う工夫も。約15年前、音が出なくなったキーボードを持ってきた少年にも同様に接し、落ち込んだ表情がみるみる明るくなったことが忘れられない。「直った瞬間、ウワーって感動した顔をした。あの純粋無垢の子どもの笑顔が一番の喜び」

 〇…生まれは熊本県熊本市。今ほどおもちゃが多くなかった当時は自作の竹馬や竹鉄砲で遊んでいたといい、工作はこの頃から好きだった。次第にラジオなどを手作りするようになり、石油化学系の企業に就職してからも趣味は継続。青葉区に住まいを移した定年退職直前まで転勤・海外出向などで飛び回る毎日だったが、モノづくりに没頭するのが憩いの時間だった。今も手作りのアンプで音楽を聴きながら、赤外線で操作できる飛行機を作るのが楽しみ。「当時も今も手を動かすのが心の支え」。おもちゃドクターの活動は自分自身の励みにもなっている。

 〇…孫もおもちゃで遊ぶ年頃になり、「来院」する子どもたちと自然と重なる。「直せないものがあると悔しい。勉強会や部品の補充にもっと力を入れて、おもちゃを持ってくる人がいるうちは活動を続けたい」

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の人物風土記最新6

三村 悠三さん

(一社)横浜青年会議所の第70代理事長に就任した

三村 悠三さん

都筑区在勤 39歳

1月14日号

生原 秀将さん

プロバスケットボールクラブ横浜ビー・コルセアーズ主将の

生原 秀将さん

横浜市在住 26歳

1月1日号

加藤 壽六さん

NPO法人横浜マンション管理組合ネットワーク(浜管ネット)会長の

加藤 壽六さん

横浜市在住 83歳

12月24日号

秋山 利輝さん

秋山木工グループ代表で、来年創業50年を迎える(有)秋山木工代表取締役の

秋山 利輝さん

中川在住 77歳

12月3日号

荒木田 百合さん

横浜市社会福祉協議会の会長に就任した

荒木田 百合さん

中区桜木町在勤 60歳

11月19日号

多賀谷 彰さん

コロナ禍の経営難を乗り越えようと、学童とタッグを組んだ勢 鴨居店の店長

多賀谷 彰さん

池辺町在勤 51歳

11月12日号

都筑区からのお知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大防止にご協力ください

https://www.city.yokohama.lg.jp/tsuzuki/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク