都筑区版 掲載号:2017年11月23日号
  • googleplus
  • LINE

「横浜北部おもちゃドクターの会」代表の 澤田 和彦さん 青葉区在住 71歳

子どもの笑顔が原動力

 ○…モーターが止まった鉄道模型、動かなくなったロボットや音が鳴らない人形。そんな壊れたおもちゃを子どもの目の前で修理する「おもちゃのびょういん」を、区内の地区センターなどで月1度「開院」する。地元有志ら約12人で行うこの地域貢献活動に、先月末は40件以上の持ち込みがあった。「おもちゃを大切にしてもらうきっかけになる。良い体験をさせてもらっているね」と微笑む。

 〇…知人の紹介で、約20年前におもちゃドクターを始めた。工学の知識や修理の腕よりも大切なのがコミュニケーション力だという。「おもちゃの扱い方から原因がわかることがある。『傾聴』が何より重要」。また、理化学に興味を持ってもらおうと修理中は「開けるね」「中を見てみるよ」と話しかけ、子どもの興味を誘う工夫も。約15年前、音が出なくなったキーボードを持ってきた少年にも同様に接し、落ち込んだ表情がみるみる明るくなったことが忘れられない。「直った瞬間、ウワーって感動した顔をした。あの純粋無垢の子どもの笑顔が一番の喜び」

 〇…生まれは熊本県熊本市。今ほどおもちゃが多くなかった当時は自作の竹馬や竹鉄砲で遊んでいたといい、工作はこの頃から好きだった。次第にラジオなどを手作りするようになり、石油化学系の企業に就職してからも趣味は継続。青葉区に住まいを移した定年退職直前まで転勤・海外出向などで飛び回る毎日だったが、モノづくりに没頭するのが憩いの時間だった。今も手作りのアンプで音楽を聴きながら、赤外線で操作できる飛行機を作るのが楽しみ。「当時も今も手を動かすのが心の支え」。おもちゃドクターの活動は自分自身の励みにもなっている。

 〇…孫もおもちゃで遊ぶ年頃になり、「来院」する子どもたちと自然と重なる。「直せないものがあると悔しい。勉強会や部品の補充にもっと力を入れて、おもちゃを持ってくる人がいるうちは活動を続けたい」

都筑区版の人物風土記最新6件

高橋 健さん

市歴史博物館の学芸員で考古学を担当する

高橋 健さん

2月15日号

吉田 勇太さん

プロプレーヤーとしてけん玉の普及に努める

吉田 勇太さん

2月8日号

小倉 純二さん

3月に開場20年を迎える日産スタジアム(横浜国際総合競技場)の名誉場長を務める

小倉 純二さん

2月1日号

大日方(おびなた) 邦子さん

2018年平昌(ピョンチャン)パラリンピックで選手団長として日本代表チームを率いる

大日方(おびなた) 邦子さん

1月25日号

白井 勝晃さん

体操競技の五輪・世界選手権金メダリスト白井健三選手の父親で競技の普及に尽力する

白井 勝晃さん

1月18日号

國廣 淳智さん

MOMOどうぶつ病院院長で都筑区獣医師会の会長を務める

國廣 淳智さん

1月11日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

障害者らの芸術・音楽

障害者らの芸術・音楽

10日から区内各地で開催

2月10日~2月28日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク