都筑区版 掲載号:2018年1月11日号
  • googleplus
  • LINE

横浜青年会議所 『横濱愛』でまちづくりを 2018年度理事長 草島 治郎さん

社会

JC活動について語る草島理事長
JC活動について語る草島理事長
 300人以上の会員がおり日本有数の規模を誇る横浜青年会議所(以下、横浜JC)の新理事長に、横浜エンジニアリング(株)=中区万代町=専務取締役の草島治郎さん(36)が就任した。

 草島理事長は今年度のテーマに『横濱愛』を掲げる。「そこに横濱愛はあるのか。青年会議所の活動で常にそこを問うていきたい」と語る。また『星の王子さま』の著者、サン=テグジュペリの言葉「愛する、それはお互いに見つめ合うことではなく、共に同じ方向を見つめることである」を引用し、ただ横浜というまちを好きということではなく、同じ方向を向く重要性を訴える。

世界大会誘致へ

 2020年度にJCの世界大会を横浜に誘致するため、10月には今年度の世界大会が行われるインドに渡り横浜をアピールする予定だ。「世界中にはまっ子をつくりたい。そうすれば、より多くの方が横浜に関心を持ってもらえる」と話す。

開港祭で世界呼び込み

 中区出身。横浜JCには2008年に当時最年少で入会。14年に会員拡大の委員長、15年は執行部の裏方として重要な役割を担う専務室室長、16年には横浜JC最大の事業である横浜開港祭の実行委員長を務めあげた。

 横浜JCが1981年から毎年開催し地域に根差したイベントとして市民に定着する開港祭。「横濱愛を世界に発信するプラットフォームとして捉え、世界を呼び込むコンテンツとして確立したい」

青年こそリーダーに

 「多くの先輩方に愛情を持って育ててもらった」。その恩に報いるために理事長として横浜JCをさらなる高みへ引き上げていきたいとする。「何のためにJCをやっているのか。まちづくりは地元経済に貢献し、市民の生活にも貢献できる。それを実践するのがJC」と指摘し「我々青年こそがまちづくりのリーダーであるという原点に立ち返り、青年会議所運動にまい進したい」と意気込む。

不登校・ひきこもりが終わるとき

講演会 体験者が当事者とその家族に語る理解と対応の道しるべ

http://oyanokai.blogspot.jp/

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6件

「一番好きなものを伸ばす」

白井健三選手父・勝晃さん

「一番好きなものを伸ばす」

1月18日号

バングラデシュを訪問

荏田南在住 内野さん

バングラデシュを訪問

1月18日号

一年の無病息災願い

横浜北部の珍狛犬

戌年特別寄稿

横浜北部の珍狛犬

1月18日号

伐採樹木から木工品

吉田さんが

けん玉プロプレーヤー

吉田さんが"神業"を披露

1月18日号

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年1月18日号

お問い合わせ

外部リンク