都筑区版 掲載号:2018年1月18日号 エリアトップへ

けん玉プロプレーヤー 吉田さんが"神業"を披露 鴨池公園で地域交流

文化

掲載号:2018年1月18日号

  • LINE
  • hatena
糸なしけん玉でプロの技を披露する吉田さん
糸なしけん玉でプロの技を披露する吉田さん

 NPO法人つづき区民交流協会が運営する鴨池公園こどもログハウスに1月13日、区内在住でけん玉プロプレーヤーの吉田勇太さん(33)が訪れ、児童ら約70人に腕前を披露した。

 国内強豪チームの1つである「湘南けん玉部」のエースとして活躍する吉田さん。25歳の時から本格的にけん玉を始めて、現在では台湾のけん玉ブランド「Yumu Kendama」がスポンサーとなり、世界大会の決勝に進むほどの実力者だ。日本各地の幼稚園や商業施設、地域の祭り、また自身が児童相談所の児童福祉司であることから関係施設などでショーやワークショップを定期的に実施している。

 今回の催しは、近隣の子どもが集まってけん玉を教え合いながら交流を深める目的で開催され、普及に努める吉田さんも招かれた。

「続けることが大切」

 当日は、吉田さんが大きなけん玉を使い、目にも止まらぬ速さでアクロバティックな技を次々に披露。玉穴に小指を入れる技や糸がないけん玉を太ももでリフティングをする技などを見た子どもたちは歓声を上げ、大きな拍手が起こった。

 その後、行われたワークショップでは、子どもたちに持ち方や膝を上手く使って皿に玉をのせるコツなどを指導し、児童らが悪戦苦闘しながらけん玉に挑戦する姿が見られた=右写真。

 今回の体験を通じて児童らは「難しい技が成功した時は気持ちがいい」「これからも続けてもっと上手になりたい」などと笑顔で感想を話した。

 吉田さんは「けん玉は場所を選ばず誰でも簡単に楽しめるし、達成感がある。個人競技だが、集団で行うことでコミュニケーションのツールとしても使える。好きなことをやり続けることが大切」と魅力を語った。
 

都筑区版のローカルニュース最新6

古着リサイクルに関心

古着リサイクルに関心 社会

都筑小児童がH&M訪問

1月20日号

「子どもに楽しみ贈りたい」

地元不動産会社

「子どもに楽しみ贈りたい」 社会

年末にライトアップ企画

1月20日号

地域SNSで情報交換

地域SNSで情報交換 社会

区役所とピアッザが連携

1月20日号

正覚寺に永代供養墓

正覚寺に永代供養墓 文化

住職、世話人が開眼法要

1月20日号

整備計画の在り方は

市立特別支援学校

整備計画の在り方は 社会

「当事者抜きにしないで」

1月20日号

区内の交通安全願う

区内の交通安全願う 社会

淡島社で祈願祭

1月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年1月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook