都筑区版 掲載号:2018年2月1日号 エリアトップへ

都筑区社協 障害者の外出サポート 移動情報センター開設

社会

掲載号:2018年2月1日号

  • LINE
  • hatena
相談に応じる担当職員の佐藤さん
相談に応じる担当職員の佐藤さん

 通院や通学など外出が困難な障害者らを支援し、移動手段の情報提供や相談窓口となる「都筑区移動情報センター」を横浜市はこのほど、荏田東の区社会福祉協議会(村田輝雄会長)内に開設した。西区・港南区にも設けられ、市内全区の設置が完了した。

 市は移動情報センターを2011年度から順次設置。各区の社会福祉協議会が、センターを運営している。都筑区では区社協の拠点、都筑警察署近くの「かけはし都筑」に設けられた。

 市が発表する統計によると、区内には外出などが困難な肢体不自由者が2000人以上、身体障害者手帳交付数は4000人以上になる。八木克賢事務局長は「『送迎を頼みたいが、どこに連絡すれば?』『何社に問い合わせても断られる』など、開設前も移動に関する相談は多かった」とニーズの高さを語る。

 これまでは、利用者が個別でサービス事業者に連絡するか、社協職員が知り合いのボランティアを紹介するなどして対応していた。ボランティア側からは「急な依頼だと手助けできない」などの回答も少なくなかったという。

 今回のセンター開設により、3人のスタッフが窓口で対応。現在、他区含むタクシー会社9社、事業所35社の情報を保有している。障害者の相談に無料で応じ、一人ひとりの特性に合った事業所を紹介し、調整を行う。

 設置から約2週間、センターやボランティアに関する問い合わせがほとんどで、実際の利用者からの相談はまだ少ない状況。

 担当職員の佐藤恵美子さんは「身近に情報が得られる場所があることを知ってもらいたい。つらくなる前に相談を」と呼び掛ける。

 センターに関する問い合わせは都筑区社会福祉協議会移動情報センター【電話】045・943・4059。受付時間は平日午前9時〜午後5時(祝日・年末年始を除く)。なお、同センターへの相談は無料だが、ヘルパーや車両の利用は有料。

 また同センターでは、外出が困難な人に付き添うガイドボランティアを募集している。18歳以上の人などが対象。外出1回で500円の奨励金が支払われる。
 

都筑区版のトップニュース最新6

恒例の「夜店市」開催へ

えだきん商店街

恒例の「夜店市」開催へ 文化

8月26日、プロレスなど

8月18日号

「働く楽しさ知って」

まちなかbizつづき

「働く楽しさ知って」 社会

仕事体験イベントが大盛況

8月18日号

レシ活、8月26日開始

横浜市

レシ活、8月26日開始 経済

地元商店街も大きな期待

8月11日号

女子中学生の継続後押し

横浜サッカー協会

女子中学生の継続後押し スポーツ

リーグ2年目 人口底上げへ

8月11日号

個別避難計画 作成進まず

災害時要援護者

個別避難計画 作成進まず 社会

市、福祉と連携し整備急ぐ

8月4日号

「自主療養」を呼びかけ

神奈川県

「自主療養」を呼びかけ 社会

医療資源のひっ迫対策

8月4日号

起業支援施設まちなかビズつづき

住所貸し・フリーデスク・勉強会など、地域とつながるビジネスの拠点に!

https://tsuzuki.machibiz.net/

都筑区青少年指導員連絡協議会

青少年の自主活動と育成活動を推進し地域ぐるみの青少年健全育成を図ります

https://www.city.yokohama.lg.jp/tsuzuki/kurashi/kyodo_manabi/manabi/seishonen/seisi.html

横浜市臨時特別給付金のお知らせ

住民税非課税世帯や新型コロナウイルス感染症の影響で家計が急変した世帯が対象

https://www.city.yokohama.lg.jp/kurashi/sumai-kurashi/hikazeikyufu/hikazeikyufu.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook