都筑区版 掲載号:2018年2月8日号
  • googleplus
  • LINE

今年の福 だるまに込め

文化

 縁起物として古くから親しまれている「だるま」。池辺町の高野山真言宗 福聚院(齊藤清紀住職)で初不動の1月28日、毎年恒例のだるま市が開催された。

 本堂前に並べられたのは有名な群馬県高崎産のだるま約400個。約10cmから40cmサイズの10種類に加え、緑色の健康祈願だるま、白の合格だるま、ピンクの安産だるま、福を呼び込む招き猫などが販売された=写真。同寺院の世話人によると、1番客は午前8時前には訪れたという。

 「福」と書かれた赤いだるまを購入した池辺町在住の男性(60代)は「(実家の)恒例行事で習慣になっている。家内安全を願いました」と笑顔を見せた。

 午後には護摩祈祷も行われ、世話人らの厄や災いを取り払った。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のローカルニュース最新6件

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

病院主催の医療講演会

病院主催の医療講演会

糖尿病や白内障テーマに

5月27日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期〜昭和の北山田から 第13回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    5月17日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年5月24日号

お問い合わせ

外部リンク