都筑区版 掲載号:2018年6月7日号
  • googleplus
  • LINE

「まちづくり功労者国土交通大臣表彰」を受賞したぐるっと緑道の代表を務める 塩入 廣中さん 牛久保在住 70歳

住民の声が行動力の源

 ○…「住民が地域に関わることで、まちは魅力的に変わる」。駅前の安全性向上や花と緑の再生など、地元住民らが主体となり進めてきた活動が認められ、国土交通大臣から表彰を受けた。「私だけの力じゃない。中川に住む人の日頃の活動が評価されたことが嬉しい」と控えめな笑顔を見せる。

 ○…長野県生まれ。獣医だった父の仕事の都合で小学3年から5年まで牧場で生活し、牛や馬、豚などと一緒に過ごした。「夜中に出産に立ち会い、朝まで見守っていた」と動物思いの優しい少年だった。中学・高専時代は軟式テニスに熱中。「勉強そっちのけで部員とテニスに明け暮れたよ」。勝ちにこだわり続け、関東大会で優勝するほどの実力者だった。

 ○…高専卒業後は複写機を製造・販売するゼロックスに入社。ボランティア活動にも積極的に取り組む会社で、社会貢献の素晴らしさを学んだ。32歳で結婚。転勤を経て、中川駅が誕生したばかりの25年前、都筑区に移住した。「山は崩され何もなく、スーパーにも車を出さないといけなかった」と当時の印象を語る。「新しいまちをきれいに維持しよう」と地域住民で月1回の駅前清掃を始めたのが団体の始まり。「より良いまちづくりのため、住民の声に耳を傾けた」。困った人を助けずにはいられない性格と行動力は現在も健在だ。

 ○…好奇心旺盛で定年の60歳を迎えると、中国語を学ぶため北京へ留学。その後も慶應義塾大学文学部の通信制に入学し、7年の猛勉強の末、卒業した努力家だ。そのほか、障がいがある子どもにコーチとしてテニスを教えるなど忙しい日々。「まちづくりには終わりがない。表彰を励みに次のステップへ。…ステップが多くても大変なんだけどね」。さらなるまちの発展に全力を尽くす。

都筑区版の人物風土記最新6件

山谷 朋彦さん

横浜建設業協会会長に就任した

山谷 朋彦さん

6月21日号

滝本 沙奈さん

地元情報を発信するイッツコムの新番組「サタデーイッツコム」でMCを務める

滝本 沙奈さん

6月14日号

飯田 達郎さん

横浜公演が開幕した劇団四季『ノートルダムの鐘』の主役の一人を務める

飯田 達郎さん

5月31日号

北田 典子さん

勝田町のBUDDY柔道場師範になった

北田 典子さん

5月24日号

青木 一泰さん

横浜市北部ミニバスケットボール連盟の理事長を務める

青木 一泰さん

5月17日号

高野 りえさん

横浜スカーフ親善大使に就任した

高野 りえさん

5月10日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版の関連リンク

あっとほーむデスク

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 都筑区の歴史を紐解く

    大正末期〜昭和の北山田から 第15回

    都筑区の歴史を紐解く

    文・絵 男全冨雄(『望郷』から引用)

    6月14日号

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年6月21日号

お問い合わせ

外部リンク