都筑区版 掲載号:2018年8月2日号 エリアトップへ

浜なし浜ぶどう 8月上旬から収穫予定 開花早まり作業前倒し

文化

掲載号:2018年8月2日号

  • LINE
  • hatena
浜なしの生育を見守る新井園主
浜なしの生育を見守る新井園主

 横浜ブランドとして市内各地で栽培される「浜なし」と「浜ぶどう」。今年は春先の温暖な気候が影響し開花が早まり、区内では例年より、約1〜2週間早い収穫作業が始まるとみられる。

まれにみる早さ

 市内約150園、区内では16園が栽培する浜なし。市内果樹園の生育状況を見守るJA横浜営農技術顧問の北尾一郎さん(63)は「今年の浜なしの開花は、ここ数年ではまれに見る早さ」と話す。

 区内で果樹農家を営む折本園(折本町)の新井知剛園主(35)も、例年より約2週間早い4月2日頃、浜なしの開花を確認。開花が早まったことで、その後の作業もすべて前倒しになった。

 受粉作業は4月8日(昨年4月22日)に終了。そこから約1カ月間で形の悪い実を間引きする「摘果」を実施し、梅雨入りを迎えた。

 今年の梅雨明けは平年差で22日早く、新井園主は「空梅雨と猛暑で大玉になりにくく実にダニが付きやすくなるので、水で洗い流す作業に手間が掛かる」と苦労を語る。

 収穫作業は例年より早い8月上旬から品種別に順次予定している。

強風や空梅雨に苦悩

 市内約80園、区内では8園で栽培されている浜ぶどう。

 北尾顧問は「浜なし同様、浜ぶどうの開花も市内全域で約5日〜1週間早かった。また強風や雨量が少なかったせいで、形を良くするのが大変。酸味も残りやすくなるのでは」と分析する。

 折本園の浜ぶどうの開花は今年5月15日頃。6月25日頃には、実に色が付き始めた。

 新井園主は「5月の強風の影響で何本か枝が折られたのと、この暑さで土が乾燥しているせいか、粒の大きさにばらつきが出ている」という。

 吉野果樹園(大棚町)の吉野仁園主(75)も「雨が少なく粒の大きさが気になる」と今年の出来栄えを不安視する。両園共に、例年より早い8月3日から(例年8月10日頃)収穫を予定している。

 浜なしと浜ぶどうを栽培している果樹園は、都筑区役所ホームページ内にある「都筑野菜直売所マップ」で閲覧が可能。

 (問)都筑区役所区政推進課企画調整係【電話】045・948・2226

折本園の浜ぶどう
折本園の浜ぶどう

都筑区版のトップニュース最新6

色々な「かお」楽しんで

色々な「かお」楽しんで 社会

ママカメラマンの写真展

5月19日号

中小企業6割が「未着手」

脱炭素

中小企業6割が「未着手」 社会

市、ガイドラインを作成

5月19日号

商店街イベントいよいよ

商店街イベントいよいよ 経済

コロナ禍で3年ぶりも

5月12日号

活動報告をデジタル化

横浜市消防団

活動報告をデジタル化 社会

負担減へ一部先行導入

5月12日号

SDGs推進「バナナで」

SDGs推進「バナナで」 社会

有志がプロジェクト発足

5月5日号

市が受入・定着を後押し

外国の介護人材

市が受入・定着を後押し 社会

事業所にセミナーと研修

5月5日号

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook