都筑区版 掲載号:2018年10月18日号 エリアトップへ

三宅さん大橋さん 都筑の民話で紙芝居 題材は折本町の早苗地蔵

文化

掲載号:2018年10月18日号

  • LINE
  • hatena
紙芝居の前に立つ三宅さん(左)と大橋さん
紙芝居の前に立つ三宅さん(左)と大橋さん

 区内在住の三宅早苗さんと大橋明美さんのコンビ「まんまる紙芝居」は、折本町の堂ヶ坂にある早苗地蔵を題材にした紙芝居を制作し、区内を中心に上演している。

◇  ◇  ◇

 三宅さんと大橋さんは昔懐かしい文化を現代の子どもに知ってもらおうと、約6年前から荏田東にある鴨池公園まんまるプレイパークで紙芝居の読み聞かせを行っている。

 市立図書館から紙芝居を借りていたが、都筑の民話をテーマにした紙芝居がないことに気付いた。「私たちが作るしかない」と使命感に駆られた2人は、区南部で長く語り継がれてきた折本町の早苗地蔵にスポットを当てることにした。

 真宗大谷派真照寺(雲井耀一住職・折本町)の先々代の住職、雲井麟静氏が同地蔵について記した本「生命の泉」の内容をベースにし、2人が分かりやすくアレンジを加え脚本を書いた。絵は大橋さんの知人に依頼し、約3年掛けて完成させた。

 かつて稲作地帯だった折本町で、用水路建設に携わった父娘を讃えるために作られた早苗地蔵。干ばつに見舞われ飢餓におちいることも多かった1530年頃、役人が用水路の建設を考えた。地蔵のモデルとなった僧の了信とその娘つがは、賛同し共に作業を進めたが山を切り通す仕事は当時としては途方もない計画。苦難の道のりの末、1539年に完成した。以後、豊作を願って若い稲を供えたことから早苗地蔵と呼ばれるようになった。

 真照寺で9日、2人によるこの紙芝居が披露され、地域住民ら約20人が参加した。昔から聞いてきた話を確かめるように参加者は聞き入っていた。

 折本小学校の榮秀之校長も訪れ「すばらしい。児童にも見せてあげたい」と述べ、雲井住職は「いつまでも語り継いでいってほしい」と願った。三宅さんと大橋さんは「紙芝居を通して、住民に少しでも都筑に興味を持ってもらえれば」と話した。

題材となった早苗地蔵
題材となった早苗地蔵

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!買取強化、特に軽トラ!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

市、夏までに詳細周知

幼児教育・保育無償化

市、夏までに詳細周知 社会

コールセンター開設も

5月23日号

「米国」世界大会で優勝

区内ダンスチーム

「米国」世界大会で優勝 スポーツ

児童9人が躍動

5月23日号

全校で当日注文可能に

ハマ弁

全校で当日注文可能に 教育

今月28日からスタート

5月16日号

2年かけ50周年誌作成

都筑ヶ丘自治会

2年かけ50周年誌作成 社会

役員6人で70ページ製作

5月16日号

変わる“都筑”開発着々

変わる“都筑”開発着々 社会

インフラ整備など進む

5月1日号

生活困窮者の早期支援へ

横浜市

生活困窮者の早期支援へ 社会

全区でネットワーク構築

5月1日号

未就園児の安全確認 推進

横浜市

未就園児の安全確認 推進 社会

家庭訪問で虐待防止へ

4月25日号

あっとほーむデスク

  • 5月23日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

第30回の記念公演

都筑太鼓

第30回の記念公演

女子プロレスラーも登場

6月15日~6月15日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

都筑区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年5月23日号

お問い合わせ

外部リンク