都筑区版 掲載号:2019年2月7日号 エリアトップへ

仲町台NPO法人 絵本通し、住民交流深める 障害者が製本を担当

社会

掲載号:2019年2月7日号

  • LINE
  • hatena
和やかな雰囲気で制作に取り組む岩永さん(右)ら
和やかな雰囲気で制作に取り組む岩永さん(右)ら

 障害者支援を行っているNPO法人五つのパン(鹿毛独歩理事長)は地区センターと協力し、地域住民が絵本制作を通して、交流を深めるプロジェクトを実施している。製本は障害者が担うことで雇用を創出。絵本の制作を通してまちづくりに励む関係者らを取材した。

 絵本作りを通して障害者が希望を抱けるまちを作りたい-。

 同法人の岩永敏郎理事が長年秘めていた思いが3年前、「やさしい絵本で街づくりプロジェクト」として始動した。同法人が運営する仲町台のカフェ「いのちの木」を拠点とし障害者支援活動や、地域住民の交流の場作りに尽力する岩永代表と、仲町台地区センターの鶴巻三佳副館長が連携する形で実現。プロジェクトは絵本作りを通して住民同士が交流を持つことと、絵本の編集や製本作業を障害者が担うことで障害者の雇用を創出することを目的に立ち上がった。

10人が制作中

 活動3年目の今年度は10人の地域住民が独自の絵本作りに挑戦している。近隣の書店員や区内で活躍する絵本作家、仲町台にある日々輝学園の校長など、地域にゆかりのある講師を招へい。約3カ月に渡りストーリーの組み立て方や手制本の方法など、絵本製作のノウハウを学んでいる。同プロジェクトが行っている本を手作業で製本する手製本は継承者が減っており、障害者がその貴重な担い手となる。

 2月2日には、10人が集まり、好きな音楽を題材にした作品や、郷土愛の溢れる絵本など、個性豊かな作品を互いに見せあいながら、制作を進めた。話の舞台をせせらぎ公園に設定した長井眞里子さん(65)は「自分の暮らすまちを見つめ直すきっかけになった。友達もできて、嬉しい」と話す。昨年まで日々輝学園に通い、プロジェクトに参加していた柏谷実樹さん(19)は「生活するまちで年代も国籍も違う人に出会うことができて良い機会になった」と振り返り、住民交流が深まっているようだ。

ミモザフェスで初披露

 10人分の絵本は、いのちの木スタッフと障害者らで編集と製本を行い、約1カ月をかけて完成させる。「区民の交流と障害者雇用の両方を地域に根差した温かな環境で行うことができている。絵本作りには夢がある」と岩永理事。制作された絵本は3月16日(土)、仲町台ミモザ広場で行われる「仲町台ミモザフェスト」でお披露目予定。

(有)サンケイ自動車

車検も板金塗装も、愛車の売買もお任せを!!チョイキズ修理、1000円より!!

http://sankei-car.jp/

<PR>

都筑区版のトップニュース最新6

オール都筑で新たな名産

オール都筑で新たな名産 社会

国プサブレ16日から販売

10月14日号

現職2人による争いか

衆院選7区・8区

現職2人による争いか 政治

10月31日投開票

10月14日号

火災増加で注意呼びかけ

都筑消防署

火災増加で注意呼びかけ 社会

「火の元の点検を」

10月7日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月7日号

陽性 半数近くが若年層

新型コロナ第5波

陽性 半数近くが若年層 社会

市、新プランで対策急ぐ

9月30日号

LINEでデートDV相談

男女共同参画センター横浜

LINEでデートDV相談 社会

10代・20代向け 10月試行

9月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月30日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月22日0:00更新

都筑区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

「前進」テーマに公演

和太鼓

「前進」テーマに公演

11月6日 都筑公会堂で

11月6日~11月6日

都筑区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook